FC2ブログ
jacquelinege

la saison des amours(ラ セゾン デザムール/恋の季節)2

ところで、もう一種、今年は「恋の季節」を感じるなー、
と思うのが、ヒキガエル




これはね、家の近くで求愛の歌というか、だみ声だしてるから、
うるさいのよね、ホントに。


しかも、夜行性らしく、夜鳴くんだな。

「グェー グェー」って。


たいてい一匹なんだけど
時々、友だちだかライバルだかが来て、
2匹でだみ声合戦始めちゃうんだよね。

もう、あなたたち、ジャイアンっ!?って感じです。(苦笑)




いつも暗闇で鳴いているので、姿は見たことがないんだけど、
鳴き声のする方に近寄っていくと、ピタリと鳴き止むんです。

彼らは、視覚は発達していないようですが、
人間が立てる物音などは察知する力が敏感らしくて、
危険信号が出るのか、居場所を悟られないように、すぐ鳴く止むんです。
でも、ほとぼりが冷めると、また始めるんだけど。



まだ、パートナーが見つかってないのか、
それとも、見つかっても、また他の彼女を探しているのか、
これが毎晩、毎晩鳴き続けているんですねー。

あまりに耳ざわりなので、時々、雌のふりして(雌が鳴くのか不明ですが)、
彼の声に応えてみると、またピタリと止まるんですねー、これが。
雌が鳴かないとしたら、他の雄か?と思うか、
もしくは、人間が模倣しているってバレていて、黙ったのか?


これが、ネコやイヌだと、けっこう返答してきたりするんですけどねー。

(もしかして、「何言っての?おまえ。」って言われてたりして。爆)





カエルというとね、
実家の近くには水田があったので、
子どもの頃は、5月頃になって田に水が入ると
カエルの合唱が毎年の習わしでしたよ。
こちらは、おそらくアマガエルのような種だと思いますが、
大群なので、その鳴き声もすごいんだな。




アマガエルは、嫌いではないので、
小学低学年頃、水田で捕ってきたおたまじゃくしを飼っていたんですけど、
しばらくしたら、水槽にしていた虫かごから消えていて、
あれは、カエルになって脱走したのでは・・・と思います。。。(^^;;;;;;;



あっ、↑のリンクに、カエルの鳴き声の種類なんかが書いてあって、
ちょっと面白いです。(残念ながら、音声で聞き分けることはできませんが)







さて、あなたのla saison des amoursは? (^^)








↓参加してみましたん。お気に召したらクリックしてくださいませ。







あとですねー、今さらなんですけど、たぶん分かりにくいと思いますので・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ。

(このブログシステム特有のポイントらしいです~)
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 3

There are no comments yet.

Jacqueline_ge  

No title

OASYSさん、当ブログポリシー↓よりリンクは削除させていただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/jacqueline_ge/31484965.html

2008/05/07 (Wed) 21:56

ジャコミーナ  

No title

こんにちは~。
さすがjacquelineさん、話題の守備範囲が広いですねぇ。

ウチの実家もド田舎なので、ウシガエル(ヒキガエル)の
鳴き声を聞いて育ちましたよ。

漢方薬になるのは本当らしくて、戦後の貧しい時代、私の
祖父母はこのカエルを捕まえて収入の足しにしていたそう
です。シチリアにもいたら私もやってみようかしら(^_^;)

2008/05/07 (Wed) 23:23

Jacqueline_ge  

No title

ジャコミーナさん♪カエル、小さいカエルは大群で鳴き、大きいカエルは単独、もしくは少数で鳴くような気がしますが、そんなことありませんでしたか???(大きいカエルが大群だったら、ビジュアル的にも恐ろしい光景ですが…)

へ~、漢方薬用に売ることができたんですね!
イタリアだったら、ロンバルディアとかヴェネトでは(他でもかな?
)カエル料理があるというので、食用のものなんかはやはり売れるのかもしれませんね!でも、大きいカエルを捕まえるのは、ちょっと…ですね。。。(^^;;;;;

2008/05/08 (Thu) 19:55

Leave a reply