FC2ブログ
jacquelinege

天使のトランペット。




Brugmansia(trombe d'angelo/trombone d'angelo)


園芸名で(英語からの)エンジェルストランペット、エンジェルトランペット

呼ばれることも多いとのこと。(Wikiより↑)

イタリア語では、トランペットと言われる場合もあれば、

トロンボーンと呼ばれる場合もあるようです。







わたしが気が付いたのは、

今年の5月-6月なのですが、

大ぶりの花(20cmから25cm)が鈴なりに垂れ下がっている様子は、

けっこう目立って、見ごたえがあるのですが、

なぜ、今まで気が付かなかったのだろう?







ここかしこで大輪の花を咲かせていたのが初夏でしたので、

その頃が見頃の花なのかと思っていたのですが、

また、この頃もブレイク(?)しているらしく、

気が付くと、街角や、色々なお宅のお庭で花盛りです!



花言葉は、愛敬、偽りの魅力、変装、愛嬌だそうです。



花言葉など取り上げてみたら、

「あら、(花の子)ルンルン ?」(←どのぐらいの年代まで分かるのかしら??)

と思って、ざーっとWiki↑の説明に目を通してみたら、

第8話に、「小さなコロンブスの夢」とサブタイトルがついていて、

(でも、これはその後、マジョルカ、マドリッド、アンダルシアと続くので、

スペインの可能性の方もけっこう強いかな・・・と思って検索してみたら、

バルセロナでした。


きっとサンレモには来たのね!(←サンレモは花の町ですからね~)

サンレモは、西リグーリア・フランスよりの町で、

 気候などが類似しているということで、静岡県・熱海市と姉妹都市を結んでいますが、

 サンレモ音楽祭やカジノなどでも、日本でわりと知られていますね。

ノーベル賞のノーベルが晩年住んでいたヴィッラもあります。

 話によると、最近は特にロシア人旅行者の訪問率が高いとのこと。)


リグーリア以外で、ルンルン、イタリアに来たのね、

とサブタイトルから想像できるところでは、

第42話、「シチリア逃亡者」、

第45話、「トレビの泉の誓い」、

第46話、「帰れ愛のフィレンツェ
 
がありました。



初めて知ったばかりの名前の花と写真をサクッとUPするつもりだったのに、

なぜか、ルンルンがリヴィエラ海岸・サンレモ訪問していた!という発見に(笑)

なんだかすごい!(嬉)


ちなみに「花の子ルンルン」のイタリア語のタイトルは、







↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)







↓こちらも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(ただし、携帯でご覧になられている方は、パソコン用画面からのクリックのみ
 ポイントとして反映されるそうです。。)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)

携帯でご覧の方は↓こちらからどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報



ありがとうございます。




YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↑↓上下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply