FC2ブログ
jacquelinege

東京散歩2 -上野-

東京散歩、第二段はうえの~、上野です~。



こちらは、表参道や銀座とはまた違って、
浦島さんにはならずに済む感じです(笑)


(それでも、駅ビルなどは、新しいお店など入ってますが。)




上野と言ったら・・・








じゃーーーーーん!!!

やっぱり、西郷さんの銅像かしら?
ベタなんですけど。



子どもの頃、この銅像と一緒に写真を撮ったような気もするけど、
今回はブログ用に(笑)、彼と愛犬だけのショットにしました。


この銅像は有名だけど、詳しいことは知らなかったんですよね。
でも、高村光雲作ですって! へーっ!




この像の下にあるプレート読もうとしたら・・・




読めませんでしたっ!(?0?)


全て漢文でした。(レ点とか返り点なしの)

(像の裏手には、普通の日本文の説明文もあります。)




でもって、今回、この像を見ていて、
渋谷のハチ公ではないけど、西郷さんが連れている犬には名前があるの?
って疑問に思ったんです。



そうしたらWikipediaにはこう↓書いてありました!



連れているのはお気に入りの薩摩犬であった雌犬の「ツン」であるが、

銅像作成時は死んでいたため,海軍中将・仁礼景範の雄犬をモデルにして雄犬として作成された。




そして、西郷隆盛像は高村光雲作なんですけど、この犬は後藤貞行という人の作だそうです。




あとですね、わたしたちが歴史の教科書などでよく見た
西郷さんの顔(肖像画)↓なんですけどね、






(Wikipediaより)




エドアルド・キオッソーネ作っていうじゃないですか~!





日本のみなさんは、エドアルド・キオッソーネってだれっ???


と、お思いでしょう?


エドアルド・キオッソーネ(1833-1898年4月11日東京で逝去)は、
ジェノヴァ県アレンツァーノの出身のイタリア人なんですけどね、
明治時代のお雇い外国人のひとりで、日本の紙幣・切手印刷の基礎を築いた人です。

身近なところで言うと、現在の一万円札の福澤諭吉の肖像は、キオッソーネ作です。

1875年に来日し、亡くなる1898年までの23年間まで日本で暮らしました。
現在は、東京・青山墓地内にある外人墓地に眠っているそうです。
偶然ですが、↑命日を見ると、もうすぐ没後110年です!

日本滞在中に彼が収集した日本美術(縄文時代から明治時代)と一部の中国美術が、
ジェノヴァ市内の中心地にあるキオッソーネ 東洋美術館に収容されています。



Museo d’arte orientale Edoardo Chiossone


住 所 :Villetta Di Negro - Piazzale Mazzini, 4 - Genova

電 話 :(+0039)010-542285

時 間 : 夏時間(4-10月)
      火  9:00-18:00
      水-土9:00-19:00 
      日  9:30-19:30

定休日 : 月曜日/国民の祝日や地域の祝日

入場料 : 5ユーロ
      ※シニア65歳以上 3ユーロ
     *EU圏市民0-18歳、
      及び、
      日曜日はジェノヴァ市民(ジェノヴァのコムーネに住民票がある人)は無料。
      その他、講演開催のため、入場無料の時もあります。



(2015.05.11情報更新)



写真を撮った時は、西郷さんから、ジェノヴァの話になるとは思わなかったわ~。
彼自身のことより、キオッソーネの記述の方が多いけど(笑)、
そこは、このブログ、基本的にジェノヴァ/リグーリアのことを書いているので、
気になる方は、リンクを読んでみてくださいね~。(長いです。汗)





2008年4月12日(土)追記

先ほど聞きましたが、本日放送された「世界不思議発見!」で、
チンクエ・テッレとジェノヴァが取り上げられていたそうですが、
ジェノヴァでは、キオッソーネの西郷さんの肖像や、
東洋美術館について取り上げられていたそうです!


あまりにもドンピシャで、驚きましたーっ!


サイトには、チンクエ・テッレのことしか載っていないので、
この記事で紹介するのもなんなのですが、
リグーリアの花形スポットですので、参考にリンク張りますね。

参考に見てみてください~!










さ~て、西郷さんの像の裏手を歩いて行くと、お寺がありました!










寛永寺・清水観音堂。(重要文化財)

寛永寺は、徳川家光が開基(創立者)だそうで、この清水観音堂に関しては、
小さいながら、京都の清水寺本堂と同様の懸け造り建築だそうです。

 * 懸け造り:山や崖にもたせかけたり、谷や川の上に突き出したりして建てること。
  また、その建物。崖造(がけづく)り。)



東京にいる頃は、時々、上野公園にある美術館やコンサートホールなどに
足を運んでいましたが、このお寺は、初めてかもです。







↑手水(ちょうず/てみづ)のつかいかたのイラストが、なんかカワイイんですけど(笑)








絵馬ですけど、さすが上野、インターナショナルです!

日本語で書いてあるものより、外国語の方が多いぐらい。
中でも、中国語・ハングル語・英語が目立ちますが、ドイツ語もありました。
(パッと見、イタリア語は見なかったけど)







境内。






この後、公園内をぶらっとお散歩。



動物園や美術館・博物館、大きい噴水などがある広場の方へ。








なんの木か分からないかったけど、あでやかな色の花がたくさん。









この中には、日本ギャラリーがあります。
今回、入っていませんが、かなり見ごたえがありますので、来館の際には、
歩きやすい靴で行った方が無難ですね。








観光客向けに見た目を考えてか、バスもレトロ。










上野公園と言えば・・・
最後は、やっぱりこの時期、桜。

訪れた日は、まだ3月半ば近くだったのですが、
暖かかくなったこともあって、数本の木に花が咲いているのが見られました!


上野でお花見したことなんて、ないような気もしますが、
満開になったらさぞかしすばらしく見ごたえがあるんだろうなぁと想像しつつ、
期待していなかった、日本での桜が少しでも見られて、ちょっと嬉しい日でした。(^^)





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)



イタリア(海外生活・情報) 10位 / 97人中

ヨーロッパ(海外生活・情報)57位 / 398人中





↓こちらも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(ただし、携帯でご覧になられている方は、パソコン用画面からのクリックのみ
 ポイントとして反映されるそうです。。)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)

携帯でご覧の方は↓こちらからどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報



ただいま、

イタリア情報 12位/461サイト中


ありがとうございます☆☆






YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↑↓上下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 3

There are no comments yet.

モコナママ  

No title

今回は上野ですね、実は私、上野にある有名どころに行った事がないんです。近所のメキシコ人の子が日本に行った事があって
「上野動物園、モコナ連れて行ったほうがいいよ」と
アドヴァイスされた位ですから。
上野の駅は何度も利用しましたけど降りて歩いたことがないんですよ、とっても参考になりました。
次回旦那とモコナ連れて行って見ます。

ジェノヴェーゼの、エドアルド・キオッソーネさんの日本からの
お宝(東洋美術館で)見ました。
館内の人が日本語で挨拶してくれました。

ヨーロッパにいると歴史をもっと勉強しておけば
良かったと思います。
最近回ってきたビデオに「大奥」が入っていて
興味深く見ちゃいました。

2008/04/10 (Thu) 05:45

Jacqueline_ge  

No title

モコナママさん♪メキシコ人のお友だち、お寿司を食べたことがある!って人ですね!?上野動物園は、幼稚園の遠足とかそれ以外に家族や親戚と一緒に子どもの頃、数回行きましたね。
たしかに、ジェノヴァは水族館はあるけど、動物園はないのでいいかもしれませんね!しかも、入場料もお得だし(笑)
もう少し大きくなったら、動物を見るという意味では、ジェノヴァのクエストゥーラの近くのG.ドリア自然歴史博物館も役立ちそうですが、すごい数のはく製が並んでいるので、今行ったらびっくりして泣いていまいそうです。もしかして、内容的に、小学校などで見学に連れて行くようなところかもしれませんね。

すでにお友だちなどから聞いているかもしれませんが、表参道の記事の方のYukakoさんへのお返事に、東京近郊のお子様向けスポット(大人も楽しめそうな場所に隣接した)をリンク付きで載せたので、
よかったら、そちらも見てみてくださいね~。
(アンパンマンとその仲間のパンセット、ちょっと気になります。爆)

2008/04/10 (Thu) 21:24

Jacqueline_ge  

No title

モコナママさん、つづきです。

東洋美術館は、講演などを聴きに年に数回行きますが、あとは、前に日本の展覧会がパラッツォ・ドゥカーレと両会場で行われた時に見学しました。日本から遠いけど、身近に日本に関係するものがあるっていうのは、ちょっと嬉しいですよね~。モコナちゃんが大きくなったら、日本のものを見るのにも役立ちそうですね!

歴史に関しては、世界史が弱いので、今テレビなどで新しく知ることが多いです。なんていうか、カタカナの名前が覚えにくかったり、日本の学校での世界史って、色々な国の歴史が交錯するので、どこの国の人か、いつの時代の人か判別つきにくかったり。(^^;;;
国ごとに通して学んだ方が分かりやすいのでは、と思います。(って言っても、ヨーロッパの場合、侵略や戦いなどで、頻繁に国境や国の範囲も変わっているだろうから、なかなか難しいのかな?)
でも、考えると、こちらの子どもは、ヨーロッパの歴史とか覚えることがたくさんありそうで、なんだか大変そうですよね~。どのようなカリキュラムになっているのか、ちょっと興味あります。

2008/04/10 (Thu) 21:44

Leave a reply