FC2ブログ
jacquelinege

10 Corso Como@Milano

日本のガイドブックや雑誌にも載っているとのことなので、

わたしが言わずとも広く知られている

ミラノのコンセプトショップ









このネーミング、ずっとあまり気にしていなかったのですが、

所在地の住所Corso Como 10(コモ大通り10番)からなのね。


入り口はこんな感じで、

知らないと、外からはお店なのか、アパルタメントなのか、

分からない店構えなので、

きっと入らないんだろうなぁって思われます。








もう少しひきで撮ってみると、こんな感じの建物です。

この辺り、ドゥオーモ周辺より人が少なくて、いいですねぇ。

また、お洒落さんがたくさんで、

街行く人を観察するのも、目の保養になります。

ビジネス街が近いということもあり、

スーツ姿の人も多いですね。






中に入って行く人に続いてみよう♪







入り口を入ってくると、

写真右下のところに出ます。

この窓辺に垂れ下がる植物の雰囲気が、

東京・表参道の同循館アパート的?


左側にはカフェ・レストランがありまして、

お店の写真は撮っていませんが、

1階は、ファッションフロア。


2階(&中2階?)には、ブックショップとギャラリー。


ブックショップで、

寿司について文章とイラストで説明してあるカワイイハンドブックを見つけ、

日本食に興味あるイタリア人向けに購入するかどうか、

けっこう悩んだのですが、

オリジナルは香港で出版された英語版ということで、

ちょっと熱が冷めました(笑)

(でも、きちんと説明されていたようでしたが)


それから、場所柄、お洒落な写真集なども多く置いてありましたが、

アラーキーの写真集をめくったり(笑)




ちょうどギャラリーでは無料写真展もあったので、

それを観賞しましたが、

それこそ、モード系の東洋人のオンナノコの2人組みなどがいたので、

日本人かな??と思ったら、

韓国か中国の人のようでした。


10 Corso Como、ソウルや上海にあるとのことで、

韓国や中国でも知られているのね。

(東京は、青山から銀座に移ったとは読んでいたけど、

 今、サイトから消えているということは、クローズしてしまったのかな???)






ギャラリーから上へ続く階段があったので、

上ってみたら、

屋上のテラスに出ることができました。







この時は、テーブルと椅子が置いてあるだけでしたが、

イベント時などは、活用されているのでしょうかね。

デザインがスタイリッシュで、

都会の中なのに、喧騒から離れて、オアシスという感じでした。



スパイラルビルみたいなところが好きでした♪♪♪



実はこの記事、ジェノヴァでも10 Corso Como的なお店を見つけたので、

その伏線なのでした~。


乞うご期待!





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)







↓こちらも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(ただし、携帯でご覧になられている方は、パソコン用画面からのクリックのみ
 ポイントとして反映されるそうです。。)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)



ありがとうございます。




YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↑↓上下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply