FC2ブログ
jacquelinege

サマーウエディング♪♪-ロケーション篇-

7月のある週末に、

イタリア人友人カップルの結婚式に参列しました。

このカップルは、仕事の関係で現在フランスはパリ在住なのですが、

結婚式・披露宴は、新婦さんのご実家近辺ということで、

ロンバルディアで。


わたしは、新郎側の招待客になりますが、

新郎のご家族、ご友人、その他関係者の多くがジェノヴァ方面から出向くということで、

シャトルバスをチャーターしてくれました。

ちょっとした遠足気分です~。


挙式の教会は、ミラノ郊外。

挙式終了後、披露宴(ウェディングランチ)が行われる

約50kmほど離れたベルガモ県の町に移動。

こういう流れなので、自家用車などで直接アクセスする人以外には、

大型バスで移動をオーガナイズした方が便利なのね。


ただ、前後の日程の所要で、自家用車で教会にアクセスした

知り合いのペルー人ご夫妻がパーティーの会場までは

車に同乗させてくださるとのことでしたので、

ご一緒させていただきました。










Trescore Balnearioという町にあるヴィッラで、

元々は13世紀に建造された建物です。

スアルディ家は、中世のベルガモの貴族一家とのこと。

この町は温泉地で、源泉は3つあるそうです。


門が閉まっていて、

敷地内に入るには、門番の人に言って開けてもらうようになっていましたので、

自由に散策できるような庭園ではないのでしょう。






現在は、結婚式や、その他パーティーなどの会場として使用されているとのこと。

車でアクセスしたら、他の人たちより早く着きましたので、

しばし撮影タイム(笑)






アペルティーボは、立食ビュッフェでガーデンパーティー式でしたが、

ところどころに、くつろげるスペースがあり、

早い者勝ち?な感じで、席を確保。






そう言えば、天気予報では雨かも?

と言われていて、

しかも、ジェノヴァ方面よりも気温が低いように出ていたので、

服装など心配していたのですが、

最初は雲行きが怪しかったもの、

この頃は、日が差してきました。

せっかくのガーデンパーティーなので、

やっぱり晴れて来てよかったですね!










まあ、プリモからは着席してお食事ということで、

テーブルセッティングもされていましたので、

雨天の場合は、前菜のテーブルも屋内にセッティングされたのではないかとは思いますけど。







こちらは、邸宅内にセッティングされた新郎&新婦の席後方から。

両サイドには、双方のご家族とご親戚のテーブル。














sala di bomboniere

ボンボニエレ(引き菓子)の間

最後に、お暇する参列者に新郎新婦がこちらでボンボニエレを渡してくれます。






そろそろ、ビュッフェの準備が整った様子。


続きは、ランチ篇で。






↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)







↓こちらも参加しています~。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)


ありがとうございます。






YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↑↓上下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply