FC2ブログ
jacquelinege

結婚式のプランツォ@4ツ星ホテル





3月半ばだったので、新婦はファーを羽織っていました。



今回は、結婚式のレポートではなく、

式の後の、4ツ星ホテルでの会食のメニューを写真でご紹介します。

(興味がありましたら、別の機会の結婚式のお食事や、

 教会での結婚式の様子などもどうぞ)



ここのホテルのお食事は、

イベントなどで時々、食すことがあり、

安定したレベルであるということは体験済みなのですが、

ある程度のレベルのホテルのレストランなだけあって、

上品で洗練された雰囲気のアレンジや、

視覚的にも、見る側、食す側を楽しませるデコレーション、テクニックを学べる場だなぁ!

と、思いながら、写真を撮っておりました(笑)


(お料理関係の人でもないのですが、

 自分がもてなす時にも使えそうなので)








L'angolo dei Finger Food


アンティパスト(前菜)は、ちょっとつまめるようなフィンガーフード色々。

選択肢が多くて、それだけでもお腹いっぱいになるので、

食べなれているものなどは、飛ばそうと思いつつ・・・

なかなか、配分が難しいのです。。。















わたしのアンティパスト一皿目

手前のカナッペの彩りがカワイイので、

ぜひ、真似してみたいです♪







わたしのアンティパスト二皿目


Insalatina di riso alla mediterranea, con cozze e gamberi

ムール貝と海老の地中海風ライスサラダ


Trancette di focaccia del chef

シェフのフォカッチャ(おそらく、オニオンフォカッチャ)

(フォカッチャやピッツァ、もっと色々な種類がありましたが、

 お腹を膨らませないためにセーブを)


Fiori di zucca pastellati

カボチャの花のフリット


Verdure grigliate

野菜のグリル


Involtino di alici con ricotta e timo

リコッタチーズとタイム入りカタクチイワシのインヴォルティーノ


Spiedini di gamberi gratinati al pane profumato e pistacchi

海老の串焼きフライ、香味付けしたパン粉とピスタチオで

(gratinatiと名称にはありますが、グラタンではないですね)


海老とイワシは、一皿目に続きアンコール♪






サーブしてくださる方もいらっしゃいました。


春先でしたが、

手前の一品は夏にもとっても合いそうですよ。

↓三皿目でご紹介。






わたしのアンティパスト三皿目


Carpaccio di polpo con pomodorino ciliegino e pate' d'olive

タコのカルパッチョ、チェリートマトとオリーブのパテを添えて

(チェリートマトは写真にはありませんが・・)


Insalatina di gamberetti, ananas e sedano croccante

小エビとパイナップル、セロリのサラダ


↑こちら、さっぱりしていて美味しかったです!

色合いも夏に爽やかな雰囲気でしょ?

なんだか、リゾート気分を盛り上げるような組み合わせです。

(伝統的なメニューではないですけどね)

これは、真似してみたい一品です☆






プリモピアット(第一皿)二品


Raviolini di magro con gamberi e seppioline

野菜のラヴィオリ、海老とイカのソース



Lasagnette alla Portofino con fagiolini e patate

ラザニェッテのポルトフィーノ風 インゲンとポテト入り

(alla Portofino、ポルトフィーノソースだったけ??と、
 
 写真をよく観察してみたのですが、

 見た目にはジェノヴェーゼペストだけにも見えるので・・・

 あえて、ポルトフィーノソースと訳さなかったのですが。

 ポルトフィーノソースだったか、よく味の記憶がなくて。。。すみません。

 ちなみに、ポルトフィーノソースは、

 ジェノヴェーゼペストとトマトソースをミックスしたソースですが、

 わたしはけっこう好きです♪)




もう、ここでお腹いっぱい。。。

セコンド(第二皿・メインディッシュ)にお肉料理がありましたが、

友人たちと座っていたわたしのテーブルで、

誰一人として、いつ出てきたのかも知らなかったぐらいで、

とばしてしまいました。。


ちなみに、セコンドは、


Fagottini di vitello farciti con carne e purea di formaggio e patate

子牛のファゴッティーニ、お肉、チーズとポテトのピューレ詰め

だっそうです。


その時は、お腹いっぱいであえてセコンドは?

って気にするほどではなく、惜しくもなかったのですが、

今になると、一口味見をしたかったかな、せめて写真とか・・・

なんて、思ったりも(笑)







Spiedini di fruttta fresca






お口直しのデザート

フルーツの串刺し


フルーツを切って、串に刺すだけですが、

なに気にこの組み合わせは彩りもキレイだし、

↑上の写真のように、まとめてデコレーションすると、

けっこう見栄えしますよね。

ぜひ、真似してみたいです~。


それから、この串の取り扱いが危なくない年齢なら?

お子さまにもウケルような気がするのですが、

いかがでしょうか??






La Torta Nuziale

ウェディングケーキ


日本のショートケーキや、イチゴと生クリームのデコレーションケーキは、

こちらではあまりお目にかかる機会がないので、

日本人のわたしには、なんだか懐かしい感じ。






ほんの一口いただきました♪

普通のスポンジよりも黄色いのですが、

生地にサフランとか入れているのかな?

シロップがしみ込んでいて、しっとりした風味でした。







モスカートと一緒に。







bomboniera

引き出物のコンフェッティ(ドラジェ)が入っているボンボニエラは、

ガラス製のキャンドルホルダーでした。



末永くお幸せに!!!





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)







↓こちらも参加しています~。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)


ありがとうございます。




YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ。





あっ、そう言えば、結婚式に参列していたワンコは、
飼い主さんが何か食べるものを持参していたのかしら??
テーブルが遠くて、注意していませんでしたが。。
お犬さま用のバースデーケーキというのもありましたが、
イチゴと生クリームのウェディングケーキにちなんで、
人間さま用のケーキを。
↓繊細な作りがたまらないわね。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply