FC2ブログ
jacquelinege

リグーリア料理レッスン@ジェノヴァ2日目



2日目は朝から開始。






作業に入る前に、朝食はいかが?

と、エスプレッソと前日に作ったカネストレッリの試食。

焼き立ても試食したのですが、
冷めて、かけたお砂糖がなじんでいる方がより美味しい♪


「これは、PANARELLO と似てる~っ」

と、思わずコメントしたのですが、

「あっ、これは褒めてるのよ!」

と付け加えそびれてしまいました。。。


ちなみに、金色のトレイは、
パスティチェリアなどで包んでくれる際にのせてくれる紙製のトレイに見えますが、
それを模倣した陶器のお皿なのです!






これはBietole(フダンソウ)を茹でたもの。






これは、prescinseauというジェノヴァ・リグーリア特有のチーズ。

リコッタよりゆるく、ヨーグルトよりはどろっとしていて、少し酸味がありますが、
レッコのフォカッチャにも使われたりしますが、





この時は、このチーズを(主には)トルタ・パスクワリーナに使用。

わたしもトルタ・パスクワリーナは作ったことがありますが、
材料や作り方も多少異なるので、やっぱり興味深いです!





アレッサンドラさんのレシピでは、
小麦粉(farina00)とマニトバ粉をミックスしていますが、
マニトバ粉を使うと、やっぱり生地の伸びがすごい!





まだまだ、手打ちパスタ。

こちらは、パンソッティ。

マルタさんのパンソッティはジャンボサイズ!
餃子のようで食べ応えがありそうです。





そして、パンソッティと言ったら、
和えるのは、クルミのソース。






カタクチイワシの処理をしているマルタさん。
(実は、1日目ですが)





カタクチイワシのリピエネを作ります。





こちらは、stoccafisso(干鱈)。

シーフードのメニューが定番のように思われるリグーリア州ですが、
その中でも伝統的な魚系のリグーリア料理は、
イワシや干鱈を使った料理が主です。





じゃがいもや松の実など入れて、トマトと一緒に煮込んでいきます。





こちらは、エクストラメニュー。

パスタ?トルタ?の生地とprescienseauのチーズが余っているので、
もう一品、教えてくれました!




2日目、所要時間3時間45分。


ようやく、試食のランチタイムへ!




↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)







↓こちらも参加しています~。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)


ありがとうございます。






YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ。



関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply