FC2ブログ
jacquelinege

でんでんむしむし・・・


 

Chiocciola


かたつむりを調理しようと思ったら、

食べられてたまるものか!

と、逃げ出されました。。。











・・・ウソです。


カルチョーフィ(アーティチョーク)を処理していたら、

どこかにまぎれていたのか、

出てきたのです。


スーパーで購入したカルチョーフィですが(^^;;;;


かたつむりがカルチョーフィを食すかどうかは知りませんが、

わたしの育てている植物(観賞用)の葉は食べられてました。。。



リグーリア料理の中には、うさぎに続き、

かたつむり料理もありまして、

それに合わせるLumassinaという白ワインも作られています。

かたつむり(OR なめくじ)をイタリア語で、

lumaca(ルマーカ)とも言いますが、

それに対するこちらの方言名のlumasseから、

このワインの名称は来ています。


それほど、お店で普通には見かけないので、

リグーリアのかたつむり料理も、

それに合わせるLumassinaもまだ試したことはありませんが、

エスカルゴは、日本での友人のレストランウエディングで食したことがあります。

あれは、貝とあまり変らない味、食感で、

普通に美味しかったのですが、

イタリアでかたつむりを食べたことがある日本人の方の噂を聞くには、

どうもエスカルゴよりも、もっと野生的な味、泥臭さが口に残るらしいです。。。

ということで、なかなかそそられません。。。



ちなみに、メールアドレスにあるを読むとき、

イタリア語ではchiocciola(キオッチョラ)とは読みますが、
(@マークがかたつむりに似ていることから)

lumaca(ルマーカ)とは言いません。


そして、chiocciola di mareは、

直訳すると「海のかたつむり」ですが、

サザエを指します。




↑ところで、このかたつむりは、屋外の自然に帰しておきました。






↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。



(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)




イタリア(海外生活・情報) 13位 / 92人中 

ヨーロッパ(海外生活・情報)64位 / 371人中 




↓こちらも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(ただし、携帯でご覧になられている方は、パソコン用画面からのクリックのみ
 ポイントとして反映されるそうです。。)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)

携帯でご覧の方は↓こちらからどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報



ただいま、

イタリア情報 14位/494サイト中 

イタリア情報 人気ランキング PVアクセス順 7位/24サイト中 

ご訪問いただいたみなさんのおかげです!


ありがとうございます☆☆






YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↑↓上下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ




かたつむり/エスカルゴは、クリーム、化粧水、石鹸などと、
どうやら化粧品にも使われているんですね~。
知りませんでした。
けっこう流行っているんですか??
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 4

There are no comments yet.

mek*pos*  

No title

お!黄緑色のかたつむりだね!!!
初めて見たよ~!

2012/02/17 (Fri) 23:05

美香  

No title

@=chiocciolaは覚えてました。
かたつむりいうのが覚えやすいですよね(*^▽^*)
私には@がorecchioにも見えるんだけど。
エスカルゴは私も何度か食べたことがありますが、lumacaは生臭いのだったらダメかも…。味付けが違うのかしら。
ぽちぽち☆

2012/02/18 (Sat) 00:17

Jacqueline_ge  

No title

めかぽしさん♪ごめん~、黄緑に見えるのは写真の光の加減でかな、
たぶん。実際には、黄緑ではなかったと思うよ。
カタツムリについて調べていて、ナメクジはどうやら、
カタツムリの殻がないヴァージョンらしいことが判明しました。。
では、カタツムリも塩をかけたら溶けてしまうのかしら??

2012/02/22 (Wed) 00:47

Jacqueline_ge  

No title

美香さん♪あっ、たしかに耳にも見えますね~(笑)
わたしの持っているリグーリア料理のレシピブックには、lumacaのレシピが3種類載っていますが、carne biancaのセコンドピアットに分類されていまして、大まかに言えば、白ワインヴィネガー、白ワイン、オリーブオイル、にんにく、塩、こしょう、それから、レシピによって香草などの組み合わせは異なりますが、バジル、マジョラム、ローズマリー、イタリアンパセリ、オレガノ、ケーパーなども材料にあります。また、トマトと一緒に煮込んだりもするそうです。
ただした茹での時間も入れて、3時間15分から3時間45分とけっこう長めのゆで・煮込み時間ですね。。
レシピを見る限りでは、しっかり味付けすれば大丈夫そうな感じもしますが、販売されているもの(どこで販売されているのか見たことはないのですが)か、その辺で捕獲したものか、
それとも、下処理の仕方によって、食べにくい味が残ってしまうのでしょうかね??
どこかできちんと調理してくれたら、トライしてみたいのですが。。。自分で、まずは調理する…とは言いませんが(^^;;;

2012/02/22 (Wed) 01:07

Leave a reply