FC2ブログ
jacquelinege

必ずくる幸福を願って…グリーンピースの白い花☆(+反面教師の女性店員さん…)

fiori_di_piselli200314

fiori bianchi di piselli
白いグリーンピース/えんどうまめの花

マメ科エンドウ属。

おそらくですが。



fiori_di_piselli3_200314


花言葉は、

いつまでも続く楽しみ、永遠の悲しみ、

必ずくる幸福、約束、

だそうです。

可憐でかわいらしい花ですね♡(*´ω`*)

fiori_di_piselli4_200314


ところで、昨日の気持ちが落ちている記事に、

コメント・アドバイス・励ましのお言葉をいただいたみなさん、

どうもありがとうございます☆☆

個々の方へのお礼と返信がタイムリーに追いつかないので、

取り急ぎ、こちらでお礼させていただきます。


落ちた原因となる出来事を

これから記しますが、

美しいものを見て、

和やかな気分で〆られたい方は、

画像だけササーッとご覧いただき、

(よろしければ、+応援クリック☆)

終了していただければと思います。



fiori_di_piselli5_200314

それは、この騒動の中、

どこでも、誰にでも起こっていることなのかもしれません。

先日、通常から、週末にしか買い物に行かないと

記していましたが、

郵便局に用事があるついでに、

火曜日の午前中、買い物に足を運びました。

実は、金曜の夕方のスーパーでは、

卵やパンが売り切れていたり、

ペスト・ジェノヴェーゼ用のバジリコ(バジル)を

最初のスーパーで購入したのに、

次のスーパーで購入予定だった

パルミジャーノと松の実を買い忘れたのです…

バジリコ3束購入していますので、

ペスト作るしかないのですが、

1週間待っていたら、

バジリコ、ダメになってしまう〜〜っ(+_+)

ということで、

買い物は必要だったのです。


そして、他のイタリア在住の方も思われているように、

買い物は、今や数少ない、有効外出理由・機会なのですから、

外界の様子を目にする機会を逃す手はない、

と思っていました。


しかしですね、先日まで

近隣住民たちのミーティングポイントのひとつであったスーパーは、

その和やかだった雰囲気が薄れ、

それぞれのピリピリ・ギスギスした雰囲気が

そこはかとなく漂い、蔓延しつつある場所になっていました。。。




fiori_di_piselli6_200314

まず、店内に入ると

シャッターが下りた店舗の間を100メートル弱通り、

食料品などのスーパーエリアにたどり着きますが、

入ってすぐ正面に、

イチゴやラズベリー、ブルーベリーなど、

ベリー類の冷蔵ケースがあり、

わたしは、そこで立ち止まりました。

理由はふたつ。

ひとつは、すぐ近くのパンコーナーに、パンはあるけれど、

ひとり、取っている方がいて、

もうひとり、その手前のやや離れたところで待っている人がいたため、

わたしの番は、3番目だなと、確認したため。

ふたつめは、先日、⬇ベリーミックスのヨーグルトをブログにあげた際に、

思いのほか、日本のみなさんから、

その中のクワノミについて反応があり、

それを単体で購入したことがなかったものの、

いくらぐらいなのか?

購入してみるか否か、検討するためでした。

わたしが、そのケースの前にいた分数は、

せいぜい2分ぐらいです。


そうしたら、突然、

「買うの?買わないの?30分もそこにいて!」(--〆)

という女性の声がしました。

最初、わたしに言われてるなどと思わなかったものの、

ああ、どうやら、わたしに言っているらしいと確認し、

「いや、(パンの)順番を待っていたんですけど!」

と応えたら、

「それだったら、そこを早く退いて!

 これを補充しなくちゃいけないのだから!」

と。


いや、それならそれで、

もっと言い方があると思いますが、

たぶん、今の状況ではなくても、

虫の居所が悪かったとか、何かで、

こういった物言いをする人っているんですよ。

機嫌が悪い時に、他人にあたる人って。。

それが、今の状況で、仕事ができることはよいことなのでしょうけど、

サービス柄、テレワークするわけにもいかず、

人が次々と訪れるところで身を晒しながら働いていることは、

きっと緊張感があり、余計に気が立つのでしょう。


その女性店員さんは、品物を補充して空になったプラスチックケースを

畳んで重ねている時にも、

心なしか、やりどころのない怒りや鬱憤を

力任せにぶつけているような音を立てていました。




fiori_di_piselli2_200314


コロナウィルス騒動は、

身体的に感染していない人々の

心をも蝕むのだ……と、

なんとも嫌な気持ちになり、

わたしの気分は昨日のように。。。


普段、温室育ちのように

ほぼ穏やかに気分を保てる環境にいることが多いので、

こういった些細なことにも敏感に気持ちが揺さぶられ、

脆弱というか、軟弱だなぁ、とも思いますが、

それが、わたしの特徴なので……

ただ、そういう対応や物言いをする人は

反面教師として見て、

自分がそうならないようにしよう、と。


世の中は、それほど嫌な人ばかりではないし、

必ず戻ってくるであろう

愛おしむべき普通の日常を待って、

今は、がんばり過ぎないように、がんばりましょう♡(*˘︶˘*).。.:*♡











↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです☆



イタリア(海外生活・情報) 10位 / 80人中 

ヨーロッパ(海外生活・情報) 33位 / 519人中 



↓こちらにも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです☆
(携帯でご覧になられている方は、お手数ですが、
 パソコン用画面からクリックしていただければ幸いです)



携帯でご覧の方は↓こちらからもどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報




ただいま、

イタリア情報 11位/548サイト中 

イタリア情報 人気ランキング PVアクセス順 4 位/15サイト中 

ご訪問いただいたみなさんのおかげです!


ありがとうございます☆☆








お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の拍手ボタン押してやってくださいませ☆
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 2

There are no comments yet.

キアラ  

こんばんは~。

新型コロナの影響は想像以上ですね。
精神的にもよくないです。

連日、近所のドラッグストアに早朝からマスクを買い求める人が並んでいますが、実際にマスクの入荷があることは稀で、入荷の有無は開店の1時間前でないとわからないと言われているにも拘らず、入荷が無い事が確認されると店員さんにキツく当たる人が多くみられます。
ドラッグストアの店員さんにマスクの入荷はいつになるのか、かなりキツく詰め寄っていたり・・・普通ではない精神状態です。不安で誰かに強く当たってしまうのでしょうね。
ピリピリとした緊張感がありますね。
すべてコロナのせいです!acquelinegeも気にされずに。

一刻も早く終息しますように。

2020/03/19 (Thu) 21:41
jacquelinege

Jacqueline  

To キアラさん

やさしいお心遣いと日本の状況についての記述をどうもありがとうございます!

日本でのマスク購入に関する色々な出来事、現実面で困ることもそうですが、精神衛生上にかなり問題が出てきますよね…
感染は怖いけど、混んだ公共交通機関を使って通勤せざるを得ず、そこでは咳やクシャミもはばかられ、万が一出てしまった場合は、小競り合いが起きたりするという緊張感が続いた状態というのは、神経が疲れると思います。
普段のときでも、満員電車というものは、ストレス度が高く、時々、ちょっとのことでイライラを発散させたり、他人に寛容になれない状態が多いかもしれませんね。

うちよりも人口密度が高いところでは、場所によっては、スーパーの外に長蛇の列で待たなければならず、その列で安全面を保つためのスペース(少なくとも1m)が保たれなかったり、列の順番で小競り合いが起きていると聞きました。
また、中心部では、警官の取り締まりも厳しく(まあ、彼らも仕事ですし、何より職務上、出勤は必須でしょうが)、緊張感はわたしが感じているより高いと思われます。

想像以上に長期戦になりそうな気配ですが、自己のメンタルケアにも気を付けて、大変な時ですが、明るくいられるようにしたいですね!(*´ω`*)

2020/03/25 (Wed) 19:36

Leave a reply