fc2ブログ
jacquelinege

ジューシーなキハダマグロの竜田揚げ風☆カレー風味♪バルサミコ醤油添え


tonno_al_curry5_200216

tonno pinna gialla al curry e fecola di patate saltato in padella
キハダマグロの竜田揚げ風☆カレー風味



tonno200216

日本のみなさんには、

マグロを生で食さないことが、

たいそう贅沢に思えるようだ…

ということを、

コメントをいただいて、

初めて認識したこの頃。

生食しないのがこちらでは一般的なので、

その区別の表示もなく、生で食べられるか分からないので…

と言いましたら、

なっちゃん、チョロくん、チョコちゃんという

3匹のカワイイネコちゃんの飼い主さん/お父さんで、

グルメ大王☆☆

とっても面倒見のよい兄貴肌の

ぷしゅ猫さん⬇より

生食用として出ていなくても、

色を見て、イケそうだったら、

ちょっとかじってみて、鼻にくる感じで、

判断するといいよ〜〜ヽ(^o^)丿

(一字一句は、同じではありませんが、大体そういった感じ)

と、アドバイスをいただきました。


それで、匂いを嗅いで、大丈夫そうだったので、

少しかじってみました!(๑•̀ㅂ•́)و✧

あ〜っ、生でもイケそう?

と、実際、思いました。

でも、やっぱり調理してしまいました〜(^^ゞ

(念のために記しますが、日付けの頃に消費していますよ)




tonno_al_curry_200216

 
カレー粉をまぶし、



tonno_al_curry2_200216

片栗粉(fecola di patate)をまぶし、




tonno_al_curry3_200216

EXVオリーブオイルで、

ニンニク、エシャロット、セロリの葉を炒め、




tonno_al_curry4_200216

さらに、ズッキーニの千切りを入れて炒め、

下準備したマグロも入れ、焼き揚げに。



tonno_al_curry6_200216

バルサミコ酢と醤油を足した調味料が販売されていて、

うちにもあるものの、あまり使わないので、

この時は、野菜にかけたり、

マグロにつけるように、

脇にちょん、ちょんと添えてみました☆(*^。^*)




tonno_al_curry8_200216

アップの写真は、ちょっとフォトジェニック?(ノ´∀`*)




↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです☆



イタリア(海外生活・情報) 8位 / 81人中 

ヨーロッパ(海外生活・情報) 32位 / 507人中 



↓こちらにも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです☆
(携帯でご覧になられている方は、お手数ですが、
 パソコン用画面からクリックしていただければ幸いです)



携帯でご覧の方は↓こちらからもどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報




ただいま、

イタリア情報 8位/547サイト中 

イタリア情報 人気ランキング PVアクセス順 4 位/15サイト中 

ご訪問いただいたみなさんのおかげです!


ありがとうございます☆☆








お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の拍手ボタン押してやってくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 4

There are no comments yet.

たうい  

おはようございます。
自分も以前はお魚に携わる仕事していましたが、
このマグロなら生食もOKって感じですね!
でもイタリアでこんなの売ってるってすごい違和感ww
基本はやっぱり加熱用での販売なんですね。

2020/03/09 (Mon) 04:40

キアラ  

日本でも生食用表記以外のものは生でも食べる事がないので、やはり加熱した方が安心ですね(^^;
そちらでは、やはり加熱する前提で捌かれているでしょうから、何かあっても困りますもんね。
バルサミコ醤油って、調味料としてあるんですね!好きな組み合わせで、いつも調合していました。
お肉にもお魚にも合わせられますね~(´艸`*)

2020/03/09 (Mon) 15:39
jacquelinege

Jacqueline  

To たういさん

あら、そうですか!そのぐらい新鮮な色に見えますか!
えーっ、そんなに違和感ありますか??
生食が基本ではない国なのにってことでしょうかね?(・・?
2012年に日本からいらした寿司職人の方と一緒にチャリティーをした際に、
こちらの魚屋さんに出ている魚をネタにお寿司を握られていらしたのですが、
その方曰く、店頭にあるお魚で20種類ぐらいは少なくともお寿司にできるとのことでした。
実際には、人数や費用の関係で6種類だけ使用しましたが、
本職の方の目利きと処理の仕方を知っているかどうかで、
それぐらいは可能なのだそうですよ(^^)

生食用のも販売されているのですが、それはスペインのメーカーの商品で、
そちらの方が、新鮮ではなさそうですが・・・
ただ、欧州の場合、お魚は48時間は冷凍させてから出すことになっているので、
生の生ではないですよね~。

2020/03/11 (Wed) 01:38
jacquelinege

Jacqueline  

To キアラさん

生食用にタルタルとかサクとかパックの商品が販売されているのですが、スペインからで、新鮮さは?なのですが、普通ニ生で食しています。
ちょっとかじってみたところ、こちらの方が新鮮で、美味しい気がしますが、まあ、加熱した方が安心ですよね(^.^;

あっ、さすがキアラさん、ご自身でバルサミコ酢X醤油の調合されていらっしゃるのですね!(*゚∀゚)
こちらの日本食レストランの創作裏まきなどにかけられて出てきたりしていますが、ねっとりして、ちょっとソース診たいな感じですね。バルサミコ酢の濃いタイプを使用しているのかと思います(*^^*)

2020/03/13 (Fri) 18:21

Leave a reply