FC2ブログ
jacquelinege

オススメ♡「抱擁、あるいはライスには塩を 上・下」江國香織

Eguni_kaori1912

『抱擁、あるいはライスには塩を 上・下』江國香織
(2011年11月集英社刊行/⬆2014年1月集英社文庫刊行)

江國香織

江國香織さんの作品は、

以前から好んで読んでいますが、

こちらは⬆、約2年前の帰国時に購入して、

気に入って、何回か読んでいる作品です☆

タイトルからして、

外国語からの翻訳調風で気にかかるところがありますが、

彼女が翻訳も手がけていることと、

この作品の設定に外国に関することが関わってくるので、

意図的に、このようなタイトルにされたのかと。



Hoyo_aruiwa_rice_niwa_shio_o1912

三世代の家族の100年に渡るお話ということで、

なにやら、大河ドラマや朝ドラを思わされますが、

実は、購入した年以前にも手に取った覚えがあるものの、

その時には、そういった流れのものに食指が動かず、

スルーしてしまったのですね。

Eguni_kaori2_1912



Eguni_kaori4_1912

最初に主な登場人物の名前と続柄の紹介があります。

外国との関わりについて、

先にあげましたが、

絹さんという日本名を名乗っている一家の祖母は、

亡命ロシア人で、祖父の竹治郎さんとは、

イギリスで出会っています。

基本的な舞台は日本ですが、

絹さんの血筋や慣習、洋館のお屋敷、

家庭で使われるちょっとした言葉やフレーズにロシア語の影響があったり、

また、いくつかの章では、

何人かの語り手が外国で暮らしている設定もあり、

この作品には、外国のエッセンスが含まれています。


また、多くの江國作品に登場する家族・家庭には、

一風、変わっているところが見られるのが特徴的かと思われますが、

この作品でも、いわゆる世間一般で言う「普通」の家族とは異なりつつ、

その関係や生活が受け入れられ、

わりとまともに成り立っているおおらかな点が

いかにも、江國作品「らしい」雰囲気を醸し出していて、

わたしはとても好きです。
 
作品中には、その点を外部から眺め、

異端なのでは?と訝しがっている

主な登場人物に名前が載っていない語り手の章もいくつかあります。



Eguni_kaori3_1912

この作品の形態ですが、

各章が年月毎に順不同で並べられていまして、

それぞれの章で、語り手(主人公)が変わります。

そのため、各章を単体の短編小説として楽しむことも可能です。

老若男女様々な語り手に変わるので、

その都度、語り口調も変わりますし、

使う語彙や、仮名と漢字のバランスも変わり、

その書き分けも非常に興味深いところですね。

Eguni_kaori5_1912

わたしが、とりわけ好きで、

単体でも一番読んでしまう章が、下巻の巻頭第10章で、

1989年晩秋が舞台ですが、

語り手は、家族外部の人で、
 
大学生になった光一くんの同級生であり、

同章内で彼の彼女になる涼子ちゃんという女のコです。

涼子ちゃんは、その当時の今どきの一般家庭ではあるものの、

いわゆる、わりと良い家庭に育った女子ですが、

大学から世間と関わりを持ち出した

(彼らの家庭では、大学に入るまでは、

子どもは学校には送らず、家庭教師をつけて教育を授けています)

どこか世離れした雰囲気を放つ光一くんに

他の人とは異なる価値を見出して、

他の同級生の無理解をよそに、どんどん彼に近付いて行きます。

光一くんは、気難しいところや神経質なところがあり、

とても慎重な性格で、社交的ではないので、

涼子ちゃんの積極性に、最初は引き気味なのですが、

そのうち気になってきて、目で探すようになります。

その一連の初々しさや、

光一くんが心開いていく過程を読みすすめていくのが

とても楽しく、

涼子ちゃんが光一くんにキューン(*˘︶˘*).。.:*♡となるのを

一緒に疑似体験できるのが、この章の醍醐味ですね♪


とにかく、他の登場人物もそれぞれ味があって魅力的です。

江國作品には、お気に入りが色々ありますが、

この作品は、最近読んだ彼女の作品でのわたしのオススメです♡





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです☆



イタリア(海外生活・情報) 7位 / 79人中 

ヨーロッパ(海外生活・情報) 30位 / 511人中 



↓こちらにも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです☆
(携帯でご覧になられている方は、お手数ですが、
 パソコン用画面からクリックしていただければ幸いです)



携帯でご覧の方は↓こちらからもどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報




ただいま、

イタリア情報 8位/545サイト中 

イタリア情報 人気ランキング PVアクセス順 4位/15サイト中 

ご訪問いただいたみなさんのおかげです!


ありがとうございます☆☆








お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の拍手ボタン押してやってくださいませ☆
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply