FC2ブログ
jacquelinege

挨拶Salveとリバティ様式のモザイクの床☆

salve190828

pavimento con decolazione in mozaico
モザイク装飾の床

リバティ様式(アール・ヌーヴォー)



Salve(サルブェ)は、イタリア語の挨拶の単語ですが、

時間や場所によって、

日本語の、おはよう(ございます)、こんにちは、こんばんは、

いらっしゃいませ、ようこそ、さようなら、どうも、などに、

なり得る言葉です。

Buongiorno(ブォンジョルノ)=おはよう/こんにちは、
Buonasera(ブォナセーラ)=こんばんは
(※さようならの意味で、別れる時、締め括る時に言うことも)

Ciao(チャオ)=やあ(こんにちは)、じゃあね(さようなら)

フォーマル·カジュアルの度合いは、

Buongiorno/Buonasera > Salve > Ciao

の順です。


わたしは、実は、自らSalveはあまり使わないのですが、

誰かに言われたら、同じSalveで返すかな?というぐらいです。

エレベーターの中で知らない人に挨拶する時は、

聞いているとSalve率は多い気がします。

昨日、気が付いた例ですと、

歯医者さんの予約の電話で10年以上知っている受付の人は、

Salveを使っていましたが、Buongiornoと、両方言っていましたね。

書留を配達した郵便配達の人は、顔見知りでもありませんが、

わたしが外国人だからか、おそらく年下ですがCiaoと言いました。

イタリア人は、日本人よりカジュアルな言葉使いをする場合が多いので、

友だちや知り合いでもないのに、Ciaoと言う人も多いですが、
(店員さんでもCiaoという人、そういう方針の店などあります)

電話セールスの場合は、SalveかBuongiornoかな。






↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。



イタリア(海外生活・情報) 13位 / 81人中 

ヨーロッパ(海外生活・情報) 50位 / 514人中 



↓こちらにも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(携帯でご覧になられている方は、お手数ですが、
 パソコン用画面からクリックしていただければ幸いです)



携帯でご覧の方は↓こちらからもどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報




ただいま、

イタリア情報 17位/535サイト中 

イタリア情報 人気ランキング PVアクセス順 4位/15サイト中 

ご訪問いただいたみなさんのおかげです!


ありがとうございます☆☆








お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の拍手ボタン押してやってくださいませ☆
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply