FC2ブログ
jacquelinege

A pois (ア・プア) - 水玉模様の・・・

中学生のとき、ドットプリントが流行っていました。

パステルカラーも流行っていました。

家庭科で作ったギャザースカートは、
パステルグリーンに白い水玉。


その頃・・・というか、
日本だったからか、
基本的にモノトーンの水玉が普通でした。


ところで、ここ数年個人的に気になるのが、
フレンチちっくな?カラーバリエーションのある水玉。


今日も、子ども服のお店のセールを見ていたら、
とってもツボな水玉の防寒レインコートを見つけて、
キュン~っ♪

(実際、同じデザイン、カラーで大人用があっても、
買って、着るのか?・・・というと、微妙だけど。汗)






Orologgio da polso Swatch con cinturino a pois
(水玉ベルトの腕時計 By. Swatch)


1年ほど前にSwatchショップで、一目ぼれした水玉プリントの皮ベルト。

時計の部分は、10年以上前に、
たぶん父がハワイか?どこかのお土産でくれたもの。





プラスチックというか、ゴムというか・・・というベルトが折れて
そのままにしていたのですが、
一目ぼれの機会をとらえて、変えてみた。
電池交換も一緒にした。


でも、約2-3ヵ月後ぐらいに止まっってしまった。。。


別のお店でまたまた電池交換をしてもらったけど、
お店の人が言うには、

電池を換えたばかりで止まってしまうということは、
中の部品がさびているとか、他の原因の可能性が高く、
Swatchの場合、中の部品を交換したり、修理したりということはできず、
壊れたらおしまい・・・

とのこと。

それでも、電池換えてみるか、聞かれ、
いちかばちか換えてみたけど、



やっぱり、止まってしまった。。。


でも、ごくたまーに、ふと気がつくと動いているときもある。

しかし、気まぐれなので、時計としてあてにするのは無理。




ブレスレットとして、つけてみる?

それとも、他の時計にベルト付け替える?




ちなみに、イタリア語で水玉はpois(プア)といいますが、
フランス語から借用しています。



↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)





↓こちらも参加しています~。ポチッとしてくれたら嬉しいです~♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)



ありがとうございます~。






あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを

押してやってくださいませませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 4

There are no comments yet.

mek*pos*  

No title

いい配色の水玉だね!!
ベルトに合わせて時計も交換したらどうかな??
(普通は時計に合わせてベルトの交換なんだろうけどね・・・。)

2011/01/21 (Fri) 08:52

ciaomami  

No title

せっかく電池を交換したのに動かないのは残念ですね・・・
pois。。。ローマ字読みのイタリアならポイズって発音じゃないの?と思ったけど、フランス語から借用しているのですねっ!「プア」また1つイタリア語を覚えました!!^^

2011/01/21 (Fri) 10:15

Jacqueline_ge  

No title

めかぽしさん♪グリーン系とパープル系がツボでした!
ちょうど、手元にある時計でSwatchじゃないけど、ベルトがダメになってきたものがあるから、雰囲気があえばそれにつけようかな?とも
思っていたところでした。
(でも、その時計はシックな感じの雰囲気にしたかったんだけど。。。)

2011/01/26 (Wed) 01:53

Jacqueline_ge  

No title

mamiさん♪そうなんです。電池が切れたのでなければ、電池も他の時計に入れることは可能でしょうかねぇ?(でも、早くしないと動かない時計に入れたまま切れそう?ですが)
mamiさんの方に記載したコメントのお返事で、フランスとの交流が盛んなのかしら?というようなお話がありましたが、
言語的には、イタリア語でも、けっこうファッション関係の語彙はフランス語をそのまま使用しているものが多いように思います。
(日本語の中に、英語からの言葉をそのままカタカナにした外来語として使用するように)
イタリアもファッションの国ですが、コスメなどもフランスブランドけっこう多いです。そして、たまにイタリア語に訳していないものもあったりするので、フランス語も役立ったりしますよ。

2011/01/26 (Wed) 01:59

Leave a reply