fc2ブログ
jacquelinege

その日にとれた新鮮魚料理+ドルチェをコースでお得に!@Arenzano

アグリトゥーリズモ(aguriturismo)というのは、

農園や牧場などで、栽培したり、育てている、

野菜や果物、動物からの食品を提供したり、

その活動に参加できるような施設ですが、

ぺスカトゥーリズモ(pesecaturismo)というものもあって、

こちらは、漁に出る漁船に旅行者が同乗して、

漁師さんたちの漁の様子を見ることができるというスタイルの観光で、

それに対して、そういった地元の漁師さんたちが漁でとってきた魚介類料理を

地上で提供するところを

イッティトゥーリズモ(ittiturismo)というそうです。


今回、ご紹介するのは、

初めて食事したイッティトゥーリズモ(ittiturismo)でのお料理です♪(^^)



イメージ 1


antipasto/前菜

sardine impanate

イワシのフライ


リグーリア郷土料理では、

イワシ料理は定番ですが、 

美味しかったです。


イメージ 2


tartine al nasello

メルルーサのタルティーネ


これは、ジャガイモと和えていたのかな。

デリケートな味わい。


イメージ 3

 
primo/プリモ

penne al pomodoro fresco con ricciola

フレッシュトマトとカンパチのペンネ


ペンネは、1846年創業の老舗パスタメーカーのRummoのものとのこと。

普通のものより、しっかりしたコシがあるアルデンテな仕上がりです。

カンパチ、プリップリでした!


近くのテーブルにお子さま連れがいらっしゃいましたが、

お子さまが、魚を食べないようでしたら、

ジェノヴェーゼ·ペストのパスタに振り替えてもいいですよ、

と、言われていました。


イメージ 4


secondo/セコンド(メイン)

nasello alla griglia con patate al forno

メルルーサのグリル ポテトのオーブン焼き添え


イタリアのお店では、

骨を取り除いてから、

もしくは、その場で取り除いて、

サーブしてくれます。

だからか、自分では魚を食べるのが苦手な人が多いかもしれませんね。


イメージ 5


リグーリア州のタジャスカ·オリーブのオリーブオイルとレモンと塩で、

いただきました。


イメージ 6


nasello impanato

メルルーサのフライ ルッコラ添え



イメージ 7


dolce/ドルチェ(デザート)

crostata di fragole fresche

フレッシュイチゴのクロスタータ


ジャム使用ではないですよ!

と、メニューの案内の際に、言われました。


イメージ 8


torta di mela

リンゴのトルタ

オーブンから出されて間もない感じで、

ホカホカ、ふわふわ〜っで、

とても美味しかったです♡


イメージ 9


caffe

カフェ(コーヒー、エスプレッソ)


イメージ 10




Via Sauli Pallavicino, 21, Arenzano(GE)

Tel.(+39) 348.0097616(Andrea)/347.3707607(Davide)


お店の名称は、ジェノヴァ方言で、

カモメの意味だそうです。

(直訳すると、海の目?)


予約しないと席を確保することが厳しいことが多いです。

1年前に予約なしで直接行ったら、

入れませんでした、、、

ランキングで前から良かったから気になっていたのですが、

やっぱり予約しないとダメ、ということで、

今回は、予約しましたよー。


席料·パン代のコペルトもお水も、

ドルチェもカフェも含めて、

1人分30ユーロでした。

実は、アンティパストは2種類とも1人分だったのでしたが、

良く分かっていなくて、

2人で各1皿ずつしかオータしなかったら、

お会計からその分引かれていまして、

50ユーロでした!

なんて良心的なんでしょう!

しかも、担当してくれたミラノアクセントで話す若いウェイターさんは、

感じがよく、良い対応でした☆(^^)


提供されるお料理は、新鮮な素材の味を活かして、

シンプルに調理するタイプだと思われました。

こちらで作っているドルチェも

とても美味しかったです♪(^_-)-☆








ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。




(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)


イタリア(海外生活・情報) 11位 / 83人中 

ヨーロッパ(海外生活・情報) 37位 / 488人中 




↓こちらにも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(携帯でご覧になられている方は、お手数ですが、
 パソコン用画面からクリックしていただければ幸いです)



携帯でご覧の方は↓こちらからもどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報




ただいま、

イタリア情報 8位/540サイト中

イタリア情報 人気ランキング PVアクセス順 3位/15サイト中 

ご訪問いただいたみなさんのおかげです!


ありがとうございます☆☆
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 5

There are no comments yet.

鉄(おかわり!!)  

No title

イワシのフライ大好き。
とっても美味しそうです。
両方ぽちっと

2019/06/12 (Wed) 09:48

jacqueline_ge2  

No title

> 鉄(おかわり!!)さん♪

あ、イワシのフライ、鉄さんが好きそうなの分かります〜(^^)
ここのお店では、シンプルに新鮮な食材の味わいを楽しむというスタンスですね。
この料理はどうやって、何を使ってこの味に仕上げたのだろう?
と考えさせる複雑な要素はないので、
そういう点を求める方には、ちょっと違うかなという気がしました。

日本にいる頃、イワシの美味しさって、あまり分からず、好んで食べたいという方でもなかったのですが、こちらに在住して、色々なお料理でいただくうちに、イワシの美味しさが分かるようになりました!!!
そういうポジティブな変化って、嬉しいですし、幸せなことですよね〜(^^)
あ、でも、エビかイワシかだったら、エビなんですけどね(^^ゞ
(ゴメン、イワシ、、でも、エビが続いたら、イワシも食べるよ)

2019/06/12 (Wed) 16:28

jacqueline_ge2  

No title

> 鉄(おかわり!!)さん♪

書きそびれましたが、
両方ぽちっと応援、いつもありがとうございます!(^o^)丿

2019/06/12 (Wed) 16:30

hcb917chiara  

No title

アグリトゥリーズモだけでなく、ぺスカトゥーリズモに、イッティトゥーリズモもあるんですね!!知りませんでした!!
新鮮なお魚料理が食べられのは嬉しいですね。
お店だとお魚の骨は取り除いてくれるんですね!!食べやすくて良いですが、自宅で食べるのが苦手になりそう・・・でもいいサービスですね(´艸`*)
そちらは、鰯のお料理がいろいろありそうですね。
イワシって、あまりレパートリーがないです、私(^^;

2019/06/12 (Wed) 22:02

jacqueline_ge2  

No title

> hcb917chiaraさん♪

わたしも、このお店がイッティトゥーリズモだということで、それはつまり?と調べたら、ペスカトゥーリズモを地上で完成させる形式の場所ということで、はじめて知りました〜(^^)
ペスカトゥーリズモをしているところは、聞いたことがあったんですけどね。

普通にお魚を食べてきた日本の方だったら、箸で骨や食べないところを取りのぞいて、食べることができると思うんですけどね。
こちらの人は甘やかせられていますね(*´∀`)

わたしも、日本では自分ではイワシを調理したこと、購入した記憶がありません。。
イタリアで、イワシは手で頭や内蔵を取って、調理するものだと知りました(^^ゞ
こちらの日本食レストランでは、まずほとんどないのですが、イワシを酢でしめたもの(マリネですよね)で、イワシのお寿司を作って、食べたいと思いつつ、まだ実行に移していません、、^_^;

2019/06/13 (Thu) 17:34

Leave a reply