fc2ブログ
jacquelinege

人気のクレープ屋さんで特別オーダーのガレット!@Genova Centro Storico

イメージ 1


galette con uovo all'occhio di bue, prosciutto cotto, asparagi, gorgonzola e pepe nero macinato

ガレット:目玉焼き·プロシュート·コット(ハム)·アスパラガス·ゴルゴンゾーラ·黒コショウ


目玉焼き、黄身をくずす前に撮りましたが、

半熟トロトロをアスパラガスとプロシュートに絡めていただいたのが、

期待を裏切らず、とっても美味しかったですよ!



ここのお店については、

数年前に、トリップアドバイザーのジェノヴァのレストランのランキングで

1位になっているのを目にした時から、

ずーっと気になっていたクレープ屋さんで、

ついに足を運んでみました!


ランキングで上位に上がっているところでも、

高級なレストランでラグジュアリーなところと

カジュアルに食べられるお店、テイクアウトもできるお店、安価なお店、

価格に関わらず、郷土料理を提供するお店、

カフェやジェラテリアなど、お食事よりはお茶やデザートのお店、

町の中心地にあるお店と少し離れたところにあるお店などを、

すべて一緒に比較するのは、何か異なると思いますが、

ここのお店は、中心地ではあるけれど、

一般的旅行者のルートからは少しズレたところに位置していますが、

カジュアルに食べられるお店です。



イメージ 2


フランス·ブレターニュのクレープとそば粉の生地のガレットを

1995年からジェノヴァで提供しています。




イメージ 3


この日は、ガレットを食べよう!

と、来店しましたが、

メニューの幅がかなり広くて、

どれしようかとかなり考えました。

自分が食べたい素材を考えたら、

卵はあってほしいなぁ、ということで、

そこを見ていたのですが、

パッと見、1種類しかなくて、

その組み合わせが、ちょっと食べたい素材の組み合わせと異なるな…と。

そこで、「卵の入っているメニューって、1種類だけなんですか?」

と、尋ねたら、

メニューにはひとつしか出ていないけど、

卵はだいたいのものに入れらるよ!と。

それで、提案してくださったのが、このガレットです。

卵以外の材料についての希望素材を伝えてはいないのですが、

かなりわたしが食べたかった内容に沿っていて、

(ゴルゴンゾーラは、それでも別のチーズでもよかったのですが)

その提案メニューでオーダーしてみました。

オーダーの前に、一応、金額も確認しましたが、

これで8ユーロ。

ガレットの価格設定は、6-7.50ユーロぐらいが多かったですが、

メニューにないものを特別オーダーしているので、

許容範囲内でしょう。

(+スパークリングウォーター500ml·1本1ユーロ、計9ユーロ)

文句なく美味しかったです!!ლ(´ڡ`ლ;)


素材自体も美味しいのだろうと思いますが、

卵やアスパラガス、生地への火の通り具合も、

それぞれがちょうど良かったです!
 


イメージ 4


フレンドリーで感じがよく、

臨機応変にニーズに応えてくれたお店の方への評価も高し!

食べた後に、どうだったかも聞いてくれましたが、

前からチェックしていて、ずっと気になっていた事などを告げたら、

胸に手をあてて、それは光栄です!

って、言っていましたよ(๑´ڡ`๑;)



イメージ 5


店内インテリアも、とてもカワイイですね(*˘︶˘*).。.:*♡
 

イメージ 6


ただ、それほど広くなく、

カウンターで、スツール椅子13席ほどなので、

ゆっくりくつろいで、おしゃべりをしながらお食事をするイメージのお店ではないですね。

わたしの来店中には、仕事のランチタイムらしい男性が数人、

学校帰りの子ども連れ母子、

少しご年配のシニョーラ(マダム)連れ、

大学生らしいグループなどが、

イートイン、テイクアウトしていましたよ。



イメージ 7




Stradone Sant'Agostino 54r 16123 Genova(地下鉄駅:Sarzano/Sant'Agostino)

Tel.010 246 5345

営業日時:月-金:12:00 PM - 3:30 PM, 5:00 PM - 12:00 PM/土:7:30 PM - 12:00 PM

日曜休日



ジェノヴァ大学・建築学部の斜め向かい辺りです。


例えば、ジェノヴァ訪問1日しかない旅行者の方が、

ジェノヴァで、あえてガレットやクレープを食べなくてもよいとは思いますが、

(ファーストフード的なものでも、ジェノヴァが初めてならば、名物のフォカッチャやファリナータにしたら?

と思いますので)

何日か滞在したり、長期滞在していたりする方には、おススメですよ。

次は、スイートなクレープを試してみたいな♡




ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。




(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)


イタリア(海外生活・情報) 11位 / 83人中 

ヨーロッパ(海外生活・情報) 35位 / 493人中 




↓こちらにも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(携帯でご覧になられている方は、お手数ですが、
 パソコン用画面からクリックしていただければ幸いです)



携帯でご覧の方は↓こちらからもどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報




ただいま、

イタリア情報 8位/538サイト中

イタリア情報 人気ランキング PVアクセス順 3位/15サイト中 

ご訪問いただいたみなさんのおかげです!


ありがとうございます☆☆
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 2

There are no comments yet.

hcb917chiara  

No title

ガレット美味しいですよね~(*^^*)
ふと、思ったのですが
やはりイタリアで目玉焼きはしっかり加熱されるんですよね?!
日本ほど徹底した管理をしていない限り、生卵なんてありえないんでしょうね。

ポチ☆

2019/05/16 (Thu) 19:27

jacqueline_ge2  

No title

> hcb917chiaraさん♪

今回は、きちんとガレットの写真有りですよ~(笑)
イタリアでは、目玉焼きはしっかり加熱されているか否かですが、
お店で目玉焼きというと、ピッツァ・ビスマルクかオッキオ・ディ・ブエでぐらいしか見たことがないのですが、黄身はやはり半熟ですね。
家庭では、それぞれの判断かと思いますが、うちは半熟です。
おつきあいのある近くのロシア人家族の高校生女子も卵好きなのですが、半熟派かしっかり硬めかがいいか聞いたことがありまして、
もちろん半熟で、とろっとくずしながら混ぜて食べるのが好きと
言っていました。
でも、料理レッスンをしてくださるレストランの方と話している時に、やはり生卵は万が一のことがあると問題になるから、
あまり使いたくないし、カルボナーラとかもちょっと…
と言っていました。
わたし、実は、卵かけご飯とか、納豆卵ご飯とかしてしまいます(^^;;;
産みたての卵などで、鶏のフンなどが殻ついていたりすると、
危ない可能性が高いというように、どなたかのところで読んだ気がします。

ポチっと応援、いつもありがとうございます!

2019/05/17 (Fri) 00:28

Leave a reply