FC2ブログ
jacquelinege

夏休み前のインターナショナル・パーティー♪

クリスマス(前)パーティーに足を運んだ学校の
夏休み前パーティーに参加してみました。


前回は炊き込みご飯のおにぎりを持参しましたが、
今回は、当日の朝早くから外出し通しだったので、
万が一前日に差し入れ品を準備したとしても、
季節柄、一日中持ち歩くのは、かなりキケンということで、
近くで購入したものを持参しましたが・・・
写真はありません。。。


他の人が持参されて、食べたものを紹介します(笑)





Guakamori

スペイン語クラスのスザンナ(伊)の一品。

メキシカンのアボカドディップですね。
アボカドとライム汁とにんにくって言ってたかな?
トルティーヤチップスにつけて食べます。
かなり好評でした!

ちょうど、このフェスタのちょっと前に、
わたしも日本のレシピを見て
パーティー用メニューでアボカドのディップを作ったのですが、
(ちょっと材料は異なりますが)
それも、人気がありました。


カリフォルニア巻きにもアボカドが入っていますが、
西洋人にはアボカドってけっこうウケル食べ物なのかもしれませんね。

アボカドは一般的な野菜や果物と比べるとカロリーが高いですが、
けっこうハマルとクセになりそうですね。





Paella

スペイン・バスセロナ出身の彼女が作った一品。
初めてスペイン人が作るパエーリャ/パエリア/パエーヤを食べましたが、
けっこうナチュラルな味で、やさしい感じでした。
やはり、見た目がゴージャスな雰囲気ですねぇ。






ポテトのスパイシークリームソースがけ

オリジナルの名称を書きとめそこねましたが、
こちらは、エクワドル出身の彼女の一品。

色としてはカレーパウダーを何かに混ぜたような感じなのですが、
カレーではなく、本国で使用されているスパイスだそうです。
食べた瞬間はクリーミーなのですが、
あとからちょっとピリッときます。
冷やされたものが出されましたが、
夏にもピッタリの一品でした。
このソース美味しかったので、内容をきちんと聞いておけばよかった~。。。





Vermentino D.O.C Riviera Ligure di Ponente 2009年

前にもヴェルメンティーノについては、紹介したことがありましたが、
リグーリアの白ワインです。

このワインとのコンビネーションがよいお料理は、

魚介の前菜、野菜のリピエ-ニ(詰め物)、くるみのソースのパンソッティ(リグーリアの詰め物パスタ)、
トロフィエ・アル・ペスト、もしくはジェノヴェーゼペストのラザーニャ、
イカ墨のリゾット、魚のラヴィオリ(魚肉が入った詰め物パスタ)、
ゆでシラス、ゆでた白身魚、もしくは白身魚のオーブン塩焼きなどです。

リグーリアのワインなので、特にリグーリア料理で合うメニューの紹介ですが、
参考にしてみてください。

アルコール度数は13度前後。

12度ぐらいでお出しするのがgood。





Pigato D.O.C Riviera Ligure di Ponente 2009年

こちらも、リグーリアの白ワイン。

アルコール度数は12-13度。

10度ぐらいでお出しするのがgood。


ヴェルメンティーノもピガートも辛口白ワインなのですが、
わたしの感想では、ピガートの方が口当たりがやわらかく、
よりさわやかで軽い感じです。
(アルコール度数はほぼ同じですが)

今回、同じところで作られたものをティスティングさせてもらいましたが、
わたしはピガートの方が好みですが、
キリッとした方がお好きな方は、ヴェルメンティーノの方がお口に合うかもしれません。

ピガートとのコンビネーションが良いメニューは、

ポルチーニ茸とオーヴォリのサラダ、玉ねぎのリピエーニ(詰め物)、
ポロねぎのトルタ(惣菜パイ)、キノコのクレープ、玉ねぎのスープ、
生/乾燥パスタ・アル・ペストジェノヴェーゼ
(ニョッキ、トロフィエッテ、ラザーニャ、コルツェッティ、トルネッティ)、
キノコソースのリゾット/パスタ、蒸しアカザエビのエシャロットソース添え、
クロダイのオーブン焼きキノコとサルビア添え、
その他類似するイタリアもしくは他国の料理。

こうして、メニューとの組み合わせを見ると、
ピガートの方は、魚料理もありますが、
キノコや玉ねぎ・ポロねぎ・エシャロットというネギ系と
特に合うようですね。
以前に作った玉ねぎのトルタには、
きっとピガートが合うのでしょう!






洋梨とチョコレートのトルタ

これはイタリア人Rの一品。

チョコレート生地のフワフワスポンジの間に、
洋梨を煮詰めたものがはさまれています。

このチョコレート生地がすごーーーーくフワフワでした。
イタリア人が作るトルタにしては、
すごくやわらかくて、食べやすかったです。
バターがたっぷり入っているそう。
(ミルクがいっぱい入っていそうですが)
Brava!





Torta di rosa


こちらは、イタリア人Aが持参したパスティチェリアのバラトルタ。
よく見ると、バラの花の形なんですね。







Moscato

デザートワイン。

このラベルのタイプはあまり見たことがない気がしましたが、
Tostiのサイトで他の商品を見たら、
けっこう日本でも見かけるようなメーカーですね。

アルコール度は、6.5%。

5-7度でお出しするのがgood。



それほど飲んではいないつもりでしたが、
普段に比べると飲んだ方かなぁ。


本当はまだ数種類ワインがあって、
赤ワインやフランスのワインもありましたが、
飲みそこねてしまいました。。。。


個人的には、ワインにというより、
ワインと料理のコンビネーションの方に興味がありますが、
この機会に全部試しておけばよかった!残念~。


また、次回!





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)




↓こちらも参加しています~。ポチッとしてくれたら嬉しいです~♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)



ありがとうございます~。







あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 4

There are no comments yet.

cas**lanca*8*0  

No title

今回は、色んな国の料理が盛り沢山でうらやましいです!

こういうパーティに参加してみたいですー。
現在AM11:45 お腹が鳴るのであわてて閉じます。

2010/07/02 (Fri) 11:47

Jacqueline_ge  

No title

cas**lanca*8*0さん♪今回は、作ってきた人も前よりも多かったので、よけいに何か日本食を作って持っていければよかったなぁと思ってしまいました。
何か、日本のお菓子とかおせんべいみたいなものが手に入れば、
そういうものの方が日本の紹介になっていいかも・・・と思って、
中国人経営のマーケットに立ち寄ってみましたが、まあないですよね。。。韓国製のかっぱえびせんとか、中国製のおせんべいとかも考えましたが、アジア人みんな同じみたいな印象になっても何なので、やめときました(^^;;;試したことはないのですが、韓国製のかっぱえびせんは、日本のと同じ味なのかが気になります。

日本でも、自治体などで国際交流パーティーなどを催しているところもあって参加したことがあるので、もし見つけたら参加してみてくださいね!

2010/07/03 (Sat) 00:15

regina  

No title

アボカド、実はつい最近までどちらかというと得意な食べ物じゃなかったのですが、栄養価が高いので色々と工夫してトライしているうちに食べられるようになってきました
カロリーが高いものって意外とみなさんに好まれる感じがありますよね(*^_^*)
パエリア、と~っても美味しそうです、やはりパーティとかだと見栄えがする食べ物でいいですよね、次回のお家でワイン&お食事はパエリアにしよっかなぁ~♪
ビガート、大好きです、ヴェルメンティーノも好きですが、ビガーは柔らかくて飲みやすいですよね、この週末のワインお勉強会がリグーリアなので今から楽しみです♪(/゜)/ ̄ハィ♪
最近はリグーリアのワインも日本に多く入ってくるようになりましたが、地元でしか飲めないようなものもあるし、何よりお値段がリーズナブルなのがいいですよね(*^_^*)

2010/07/07 (Wed) 10:42

Jacqueline_ge  

No title

Reginaさん♪アボカド、あまりお好みではなかったんですねぇ。
このフェスタにもそういう人がいて、でも最近、その美味さに目覚めたと言っていました。わたしも日本では(も?)ほとんど食べたことはなかったのですが、よく熟したものはいいことに気が付きました。
アボカドとマグロのお刺身のブツのわさび醤油和えもけっこう好みだということに気が付きましたよ。
そう考えると、あのアボカドが入ったカリフォルニア巻きに醤油をつけて食べるのは合うのかな?と。(わたしは、カリフォルニア巻き、食べたことがありませんが)
パエリア、本場の味がどうなのかは分かりませんが、こちらはけっこうやさしい味でした。今回はたぶん魚介だけで、チキンは入っていなかったかと思います。
ワインに関しては、Reginaさんの意見を期待していました!^^
最近は日本でもリグーリアのワインを扱っているところが増えてはいるんですね?でもまだ後進ですよね、他に比べると。
リグーリアワイン勉強会の記事(にされるようでしたら)、楽しみにしていますね!

2010/07/21 (Wed) 16:49

Leave a reply