FC2ブログ
jacquelinege

ジェノヴァにilly caffe‘ 登場!





先日、ロカール局の旅食番組みたいなものを見ていたら、
最近ジェノヴァのポルト・アンティーコにオープンした
illy caffe’(←伊語 日本だとcafe)を紹介していたので、
早速、先日そのあたりに行くついでに足を運んでみました~♪



Illyは、スロヴェニアとの境のトリエステに本拠地を構える
メジャーなコーヒーメーカーで、
コーヒー大学なるものも開いていますが、
わたしは、ジェノヴァで毎年10月後半から11月始めに開催されている
Festival della Scienza(サイエンス・フェスティヴァル)のイベントで
illyのコーヒー大学が担当していた「チョコレート講座」に参加したことがありました。
(チョコレートについて学び、テイスティングなどで味のバランスなどを探る講座)


illyのコーヒーが飲めるバールやレストランはジェノヴァにも50件以上ありますし、
普通にスーパーでも販売されていますが、


わたしが気になったのは・・・







併設されているジェラテリア!






コーヒーがメインのお店ですが・・・(笑)

そして、やっぱり気になるスプーンのさし方。。。(^^;;;


今回のチョイスは、わたしの定番ピスタチオと、
レモンのシャーベットと、
おっと忘れてはいけない、ここはやっぱりcaffe’味を試しておかないと!
(組み合わせ、ちょっと変?)

ピスタチオは、そこそこ濃い感じで、
Caffe’はちょうどよい濃さで、
口に入れた瞬間は甘みが先にきますが、
後味にしっかりエスプレッソの味がついてくるけど、
濃すぎないところが、わたし的にはよい感じです。


Gromのcaffe’味はもっとしっかりとした苦味が残っていたので、
それと、食べながらなんとなく比較しました。


ところで、ジェノヴァでは、
Via San Vincenzo(サン・ヴィンチェンツォ通り)のBrignole駅に近い方に
トリノ発のジェラテリアGromが位置していたのですが、
サン・ロレンツォ大聖堂があるもっと中心部に近い
Via San Lorenzoにも2号店ができて、賑わっている様子です。


お値段の方は、カップもコーンも小で2ユーロ(2種類)からで、
↑写真のは2.50ユーロ(3種類)のものです。


なので、イタリアにしたら安いお店というわけではありませんが、
(1種類1.20ユーロぐらいからのところもあったので)
まあブランド名があるから、それを考えるとそんなものでしょう。


ちなみに、caffe'(エスプレッソ)/caffe' macchiato(エスプレッソにミルク入り)が1.80ユーロ、
カプチーノが2.20/2.50ユーロぐらい?でしたので、
やっぱりちょっとお高めかな。
(わたしがバールで飲んでいる相場だと
 エスプレッソ/マッキアートで、0.80-1ユーロ、
 カプチーノで1.20-1.50ユーロぐらい。お店にもよると思いますが。)

ドリンクのメニューはわりと多くて、コーヒーの類以外に、
カクテル系もちらっと見たところ充実していたようです。


それから、多くはないけど(4種類ぐらい)、
リグーリア郷土料理メニュー(アンティパストの類)も4-5ユーロぐらいで
載っていました。
全国/ワールドワイド展開でも、そういうご当地メニューみたいなのはよいですね!
(旅行者の方向けには、郷土料理をそういうところで食べなくても・・・
 という気もしないでもないですが。老婆心ながら。)


内装の写真は撮らなかったのですが、
ライトグリーンを基調にした少しポップな感じで、
illyカラーの赤を基調にした日本にあるEsspressamente illyとは、
ちょっと異なる雰囲気で、もっと気さく。
(日本の方が、オサレな雰囲気をかもし出しています。。。)






ほらっ、地元の人が集まっている感があるでしょ?


でも、ロケーション的に、これからの季節、
旅行者の方もたくさん立ち寄るのではないかなと思われます。


'illy caffe'(Genova)'

Molo ponte molostini 35-36
Genova
Tel : +39-010.2476736

(水族館/海賊船と海洋博物館の間ぐらいの場所に位置します)





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)




↓こちらも参加しています~。ポチッとしてくれたら嬉しいです~♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)



ありがとうございます~。







あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 6

There are no comments yet.

cas**lanca*8*0  

No title

気になる内容盛りだくさんなんですが、やっぱスプーンのさし方が目を惹きます(笑)
抜こうとしたら、全部持ち上がってこないですか?

2010/06/19 (Sat) 17:00

amarena  

No title

スプーンのさしかたwチーンですね

2010/06/19 (Sat) 19:05

mek*pos*  

No title

私もスプーンのさし方が気になります!!!

2010/06/20 (Sun) 11:06

Jacqueline_ge  

No title

cas**lanca*8*0さん♪はは、やっぱりスプーンのさし方、
“Nooooo!!!"でよね、日本人的には(^^;;;;
たしかに、ちょっと普通よりは硬めでしたが、
幸いなことに全部持ち上がってはきませんでしたね(笑)

2010/06/25 (Fri) 22:41

Jacqueline_ge  

No title

amarenaさん♪はじめまして&ご訪問・コメントありがとうございます!
そうなんですよね、こちらの人は気にしないんだと思いますけど。
風習の心理的刷り込みって、影響ありますね。
ジェラートは仏壇にあげないと思いますけど、やっぱりちょっとNGですね。
また、気が向いたら訪問してみてくださいね。^^

2010/06/25 (Fri) 22:45

Jacqueline_ge  

No title

めかぽしさん♪やっぱり、ダメでしょ、スプーンのさし方!?
似たようなことだけど、あの、箸と箸ではないけど、
こちらの人がフォークとフォークでも、食べ物を直接渡すのを見るのは、ああーーーっって思うよ(^^;;;;;
でも、逆になぜ日本ではその行為が食卓でタブーなのかを説明するために、箸と箸でお骨を拾って骨壷に入れる儀式の話をすると、
めちゃくちゃ引くね。
こちらでは、火葬にする場合でも、
もっと高温で骨の形が残らず、灰になってしまうらしいけど、
近親の人でも、入れ物を開けて見るのはいけないらしいよ。
「骨を見るのは、悲しくない?(いやじゃない?)」って聞かれたことがあるけど、「たぶん、近親者だったら、その儀式に立ち会えない方が悲しいんだと思う。」と答えておきました。

2010/06/25 (Fri) 22:55

Leave a reply