FC2ブログ
jacquelinege

ミラノで江戸美術にひたる。





ミラノのドゥオーモのすぐ近くの
Palazzo Reale(パラッツォ・レアーレ/王宮)で、
2010年3月8日(月)まで、
江戸美術の展覧会が開催されています。


元々は、めったに機会がないだろうという
写真左の方↑のshunga展に行こうと思っていたのですが、
時間的に両方見るのが難しいなら、
まずは総合的な方を見た方がいいかな?ということで、
写真右の方↑の展覧会に入場しました。


これが予想以上によかったですっ!


ほとんどが日本の主要な美術館から持って来られている作品で、
(東京の国立博物館、京都の国立博物館、大阪市立美術館、
千葉県立美術館、神戸市立博物館、江戸東京博物館などより)
安土桃山時代-江戸時代の作品が展示されていました。


作品が入れられている日本の家屋を思わせるような木製のケースも、

「もしかして日本から持って来たの!?」

というほど、


その空間がイタリアであることを忘れてしまうぐらい、
日本の雰囲気が漂っていました。

金屏風絵、巻き物、掛け軸、漆塗りに焼き物、
能面、能衣装、江戸の地図、武具、食器等・・・

(shunga展ではないけど、春画も5点ぐらいはありました。
 千葉の佐倉市立美術館所蔵。)



珍しかったのは、江戸時代にいた南蛮人(西洋人)を描いた絵や掛け軸、
その時代の人が描いたオランダの絵、その頃のカメラなど。
(たいてい、神戸市立美術館収蔵)



その時の入場者で日本人はわたし以外には見当たりませんでしたが、
イタリア人以外にヨーロッパのどこかの国(北の方の人かな?)の人も、
見学していました。


ブックショップの展覧会グッズや
日本の古典作品のイタリア語翻訳本などもかなり充実していました。



これは、ジェノヴァぐらいからだったら、
足を運ぶ価値がある展覧会でしたね!


2時間ぐらいかけてじっくり見ました。




GIAPPONE POTERE E SPLENDORE 
1568/1868

Milano Palazzo Reale
2010年3月8日(月)まで
火・水・金・日/ 9:30-19:30
月/ 14:30-19:30
木・土/ 9:30-22:30
http://mostragiapponemilano.it/info.html

一般 : 9.50ユーロ
割引 : 7.50ユーロ(65歳以上、6-18歳、26歳までの学生など)






↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)

今見たら、204位/502人です。



↓こちらも参加しています~。ポチッとしてくれたら嬉しいです~♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)


現在、確認順位32位/251人です。 


ありがとうございます~。







あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 4

There are no comments yet.

cas**lanca*8*0  

No title

噂通り、浮世絵とかの評価は高いんですね。
よく考えてみると、日本人の方がじっくり見たことがないのかもしれないですね。急に見たくなりました(笑)
海外に居るほうが、こういう機会が増えるのかもしれないですね。

只今オリンピック観戦中なんですが、イタリアでも盛り上がってますか? アルベルト・トンバの居なくなったアルペンは盛り上がりに寂しくなっていないか心配です。ショートトラックも、日本同様精細にかける感じですもんね…。

2010/02/26 (Fri) 18:58

mek*pos*  

No title

私はsunga展が見たいです。。

2010/02/26 (Fri) 19:37

Jacqueline_ge  

No title

cas**lanca*8*0さん♪浮世絵は人気あるっていいますね。
でも、寿司か浮世絵かと言ったら、お寿司の方が圧倒的に名が知れたと思います。日本食ブームで、日本に関心がない人も、
食べたことはなくても、名前は聞いたことがあるって感じかな。
浮世絵は日本好きやアートが好きな人などには知られているかもしれないけど、そういうことにあまり興味がない人は知らない人もけっこういるでしょうね。
日本でも、どこに在住しているかによって、見られる機会の数が異なるかもしれませんね。(それは、海外でも同じかもですが)

オリンピック…どうだったのかなぁ?(汗)
こちらのTVは全然見なかったのですが、ニュースでもそれほど目立った感じに触れられてなかったような気が。
(わたしは、ネットでチェックする日本人選手の方が気になりました。笑)
前回のトリノの時は、地元ということでもう少し盛り上がっていたような気がします。
アルベルト・トンバのいた時か、他の人か覚えていないのですが、
その手の人が活躍していた時には、イタリアの子どもたちの夢はこぞってスキー選手だったそうですよ!

2010/03/04 (Thu) 00:22

Jacqueline_ge  

No title

めかぽしさん♪はは、気が合うね!(笑)日本では聞いたことないね。今はどうか分からないけど、以前は一般公開禁止だったそうだよ。
今回の展覧会も、未成年はどうなの?って思っていたけど、
やっぱり、入場のお勧めできませんって書いてあった。

今、同じ場所でエゴン・シーレ展をやっているんだって。
見たいなぁ。東京でも見たことはあるけどね。
8月にはやはり同じ場所でモネ展をしていたけど、
やっぱり、ミラノぐらいの都市だと東京で見られるようなメジャーどころの展覧会が多く開催されて、それはいいなぁと思うよ。
ジェノヴァには、そこまでメジャーなのは来ないんだよね。。。
でも、2005年に大々的に日本に関する4種類の展覧会が開かれたことはあるんだけど。
その1つの日本の近現代広告展で、東京・木場の現代美術館や
渋谷のPARCOの展覧会で見た作品がいくつか来ていたよ。

2010/03/04 (Thu) 00:32

Leave a reply