FC2ブログ
jacquelinege

方々で食べられないから「ホウボウのキタッラ」頼んでみたー。




クリスマスなのに(or だから?)…

寒くてPardonっていうタイトルですね。。。


(知らない人がぶつかった時とか、

 わたしが外国人だからか、よく「Scusi」というイタリア語ではなく、

「Pardon」って言われますが、みなさんは?)



でも、思えば、一部の方には喜んでいただけるかと。



一足先のクリスマスディナーでもないけど、
先日、ナメコとシイタケを贈ってくれた友人たちと、
(だから、ポルチーニが贈りたかったんだって。笑)
行ったレストランでのメニューです。


当初、

「ピッツァでも食べに行こうよ。」

という話だったのですが、

ピッツァ以外を頼む人が多かったです。


日本人が「ご飯でも食べに行こうよ。」
もしくは、「飲みにでも行こうよ。」と行くのと同じ感じで、

イタリア人は「ピッツァでも食べに行こうよ。」と言います。

(少なくともわたしの周囲では。)

「パスタ食べに行こうよ。」とは言いません。

別に「ピッツァ食べに行こう」と言っていて、
パスタを食べてもいいのだけど、
特に、大人数で行く時には、割り勘になることも多いので、
飲み物やデザートなども含めて、大体他の人と同じぐらいになるように
注文するのが、暗黙のマナーでしょうか。

多くの人がピッツァを注文しているところで、
ひとりだけ、魚料理(通常、お高め)とか注文して、
その上、アルコールなんかも注文して、

「割り勘でいいよね?」

とか、本人が言い出した際には、
イタリア人もその場では言わないかもしれませんが、
次からお声がかからなくなるかもしれません。。。



Pagare alla romana で、割り勘にする

の意味ですが、

日本語の割り勘の意味を確認すると、

「複数で食事などをした時に、合計を均等に割って支払う場合」



「それぞれが、自分の食べた金額だけ支払う場合」

の両方に使える言葉のようですが、

Pagare alla romana とイタリア語で言う時には、

「それぞれが、自分の食べた金額だけ支払う場合」の割り勘のようです。


デイリーのランチなどは、複数で食べに行っても
普通に自分の食べた分を支払うという感じですが、
夜など、あえて一席設けた場合などは、
よほど、それぞれが金額の異なるものを食べた場合をのぞき、
均等割りにすることも多いかもしれません。
(これは、そのメンバーとの関係や構成にもよるかもしれませんが)

より明朗会計なのは、
「それぞれが、自分の食べた金額だけ支払う場合」の割り勘ですが、
こういう場合には、均等割り勘はよくても、
細かく「自分の食べた金額だけ支払う」割り勘はイヤだ(見栄から?)!
って人もけっこういるんですよねぇ。


なので、自分が

「あっ、これ食べたいなぁ!」

と思っても、
つい周囲の人のメニューの金額との兼ね合いを見たりしてしまいます。

逆にそういう場合に極端に少なかったりすると、

「デザートとか頼んだら?」

などと追加注文を勧められたりもします。
(それが、金額が少ないからなのか否かは、言っている相手の考え次第ですが)



あっ、それで、メニューにあったホウボウに関してですが、

gallinella del mare (ガッリネッラ・デル・マーレ)

と書いてあって、

初めて見る名前だったので、一緒にいたイタリア人たちに聞いてみたんですけど、

「'gallinellaは普通、若い雌鳥だけど、海の…って付いているから魚の一種だろうね。」

ということは、みんな分かったけど、
どんな魚か知っている人はいませんでした。


なので、お店の人に聞いてみましたが、

「魚ですよ。」

としか言わないので、

「どんな魚ですが?」

とつっこんで聞いてみましたが、

「えーと、美味しい魚ですよ。ガッリネッラ知っていますか?」

と、同席のイタリア人たちに助けを求めるように尋ねてました。。(^^;;;;;


結局、オーダーしてみないことにはよく分からないので、
(たぶん、日本語で「ホウボウ」って分かったとしても、
よく分からなかったけど)
魚介のスパゲッティのカルトゥッチョ(ホイルやオーブンペーパーに包まれて調理される)と
どちらにしようか迷いましたが、
この初めて見る名前の魚の方に懸けてみました!






ホウボウとトマトのキタッラ(10ユーロ)

友人が、

「トマトソースで出てくるのかと思ったけど、

この方がそれぞれの素材の味がよく分かっていいね。」

と言いました。


身がふんだんに入っていて嬉しいですね。
選んで正解!

美味しかったです。

(ちょっとだけ、この店オイル使いすぎだったけど。
他の人のメニューなんかも。)







栗とジャガイモ入り栗粉のトロフィエ(13ユーロ)


栗粉のパスタは、リグーリアでも山間部に多く、
あまりリヴィエラ方面で見ることは少なく、
また栗が具として入っているパスタも珍しいということで、
友人がオーダー。

ゆで方がけっこうアルデンテだったのか?
それとも、栗粉のトロフィエはこんな感じなのか?、
普通のトロフィエよりはもちもち感が控えめかもしれません。


それにしても、四角い白いお皿って、
スタイリッシュでいいなぁと思って、けっこう長いのですが、
わたしもこんなお皿が欲しいですね。





ミネストローネ・ジェノヴェーゼ(8ユーロ)


寒い日に、熱々のミネストローネはいいですね!
思い出のナンバー1ミネストローネ・ジェノヴェーゼにもけっこう近く、
(別のお店のだそうですが)
かなりいい線いっていたようです。






コトレッタ・ミラネーゼ(11ユーロ)

WOW

と、思わず一同もらしてしまうジャンボサイズ!

この大きさで11ユーロはこの辺の価格としては安いですね。





チョコレートフラン、バニラジェラート添え(5ユーロ)

これ、わたしも惹かれたけど、
他の人がオーダーしたので、
別のにしてみましたが、
自分のを食べてから、
やっぱりこれにすればよかったかも・・・と思いました。





リンゴのタルトタタン、バニラジェラート添え(5ユーロ)

悪くなかったけど、期待していたのとはちょっと違ったかな。
昨年の年末に別のところで食べた同じようなメニューのが、
わたしの好みでした。



経営が変わったと聞いていたので、
味はどうかねぇと思いつつ、
(値段はちょっと上がっているものがちらほらだったけど)
イタリア人たちをひきつれ、わたしの提案で行ったお店でしたが、
(「失敗だったら、わたしのせいだ」と言われつつ)
以前のように、総合して期待は裏切らない味だったので、
美味しい時間が過ごせて、幸せでした~♪




↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)

今見たら、97位です。



↓こちらも参加してみました~。ポチッとしてくれたら嬉しいです~♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)


現在、確認順位15位/230人です。 


ありがとうございます~。







あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 2

There are no comments yet.

ciaomami  

No title

"Pagare alla romana"聞いたことあります。解説は、お金に細かいローマ人だったような・・・
中世の頃のローマ人の区分けなので、今のromanaとは異なると思うけど。。
食べたいものは気にせず食べたい派なので、Pagare alla romanaの方が
気が楽かなぁ~
どれも美味しそうで、責任果たせて良かったですねっ^^

2009/12/23 (Wed) 23:14

Jacqueline_ge  

No title

mamiさん♪昔々のローマ人はお金に細かかったんですねぇ。
イメージ的に"Pagare alla genovese"でもよさそうな気もするのですが、こう支払いの時は、ジェノヴェーゼやリグーリア人も、
「わたしが払うよ!」「いや、今回はわたしに払わせてよ!」と、
「払いたい」方でもめることもけっこうあるので、面白いなぁと思います(笑)

2010/01/02 (Sat) 02:50

Leave a reply