FC2ブログ
jacquelinege

カリフラワーのミルキークリームスープ

今日は、見た目のカラーからは、

えっ、カリフラワーのスープなのっ!?


っていう感じのスープのレシピを紹介します。



カリフラワーは、お子さまは好むのか好まないのかよくわかりませんが、
分からずに食べさせられる感じですよ!





Zuppa di cavolfiore al latte - カリフラワーのミルキークリームスープ -

材 料(6人分):カリフラワー 1kg、牛乳 4分の1リットル、バター 15g、小麦粉 15g、
         すりおろしたグラーナ・パダーノチーズ(または、パルミジャーノ) 大さじ3杯、
         ナツメグ 1つまみ、クルトンやカナッペ用のパン、塩、コショウ


所要 時間 : 約1時間

カロリ- : 114キロカロリー

プロテイン : 8g

炭水 化物 :11g

脂 肪 : 4g



手 順 :

1) カリフラワーを洗い、葉を取り小房に分け、両方とも丁寧に洗います。


2) 鍋に4分の3リットルの水を沸騰させ、塩を適量いれます。
  そして、大まかに切った1)の葉の方を入れ、約25分間ゆでた後、取り出します。
  れから、ゆでた湯にカリフラワーの小房を入れ、約15分間ゆでます。


3) 2)の間に、他の小鍋にバターを入れて溶かし、小麦粉を加え、手早く炒めます。
そして、牛乳を注ぎ、かき混ぜ続けながら、5分間火にかけます。
それから、すりおろしたチーズとナツメグを加えます。


4) 2)でゆでたカリフラワーの小房を半分だけ湯を切って、別に取り置き、
  残りの半分とゆでた葉とゆでた湯を共に野菜の裏ごしきにかけます。
  





↑これが、意外にけっこう面倒な作業なので、
時間がない人は、フードプロセッサーやミキサーなどを使ってもよいでしょう。
でも、こうしてアナログに裏ごしすると、野菜の粒が機械を使うより残るところが
いいのかもしれません。







こちら、裏ごし後。



5) 3)で作ったクリームに、4)の残りのカリフラワーと裏ごししたものを合わせ入れ、
かきまぜながら火にかけ温め、塩・コショウで味を調えます。


6) オーブンで少しトーストしたクルトン(もしくは、カナッペ用のパン)と一緒に
5)を皿に盛り付けます。
(わたしは、これは省略しましたが、代わりにグリッシーニを副えてみました)







カリフラワーの小房の形が残ったものを入れなければ、
苦手な人にもOKで、
カリフラワーのみずみずしさや野菜の味がほんのり甘く残る
クリームスープです。

葉を無駄にせず、ミルキーグリーンに仕上がるところがポイントですね!







ショートパスタと合わせて一食分にもなります。
とってもヘルシー♪


この時期、クリスマスや忘年会などで、
外食や飲み会、ご馳走を食べる機会も多いですので、
家食はライトにしときたいものですね~。





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)

今見たら、115位です。



↓こちらも参加してみました~。ポチッとしてくれたら嬉しいです~♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)


現在、確認順位24位/229人です。 


ありがとうございます~。







あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 2

There are no comments yet.

mek*pos*  

No title

今回のスープの味は想像できます、できます!
パルミジャーノがポイントですね。
冬の寒い日に温かくなる一品ですね。

2009/12/15 (Tue) 22:18

Jacqueline_ge  

No title

めかぽしさん♪カリフラワーのスープ、作ったことある?
わたしは、カリフラワーの葉もこういう風に活用できるんだ!と
新鮮な驚きがあったよ。
カリフラワーやブロッコリーって、房の部分だけ食べてあとは捨ててしまうことが多いんだけど、なんかもったいない気もしてしまって。
ブロッコリーの茎の部分とかごぼうのささがき風にけずって、
キンピラにできそうな気もすると思って、1度作ってような気がする。
ここのところ寒いので、汁物が欲しくなるね。

2009/12/16 (Wed) 19:58

Leave a reply