FC2ブログ
jacquelinege

ギャーッ!!ジュラシックパーク!? - Cinema aperto(チネマ アペルト/野外映画) -

* この記事上には、一部の方には好まれないグロテスクな写真が提示されますので、
 お食事前後、就寝前、ひどく怖がりの方、お子さまなどは、特にお気をつけくださいませ。







わたし、cinefilo(チネフィロ/映画愛好家、映画ファン)のひとりで、
東京では、映画のサークルに通ったり、
入場料1000円になる映画サービスデーやレディースデーには、
なるべく残業もそこそこにして映画館に足しげく通ったり、
映画祭など行った際には、列に並んで、監督・俳優さんたちにサインをもらったりと、
けっこうマニアなんです。。。




・・・が、わたしがこちらに来てすぐに、

なんと今まで長い間ずっーと閉まっていたという映画館が

わりと近くに再オープンしたんですーーーー!!!!! 



パチパチパチパチパチ・・・・・・・・・・



こちら、もともとは、ファシスト時代の幹部の詰め所だったとのことですが、
今では、すっかりミニシアターですっ!!!




オーナーは、以前にVideo ciakというビデオの会社を経営していた人で、
やはり彼もものすごい映画好きらしく、
映画や宣伝で使用されていた備品・装置などをこの映画館に展示したり、
仕事なのか趣味でなのかは分かりませんが、
ハリウッドにもよく足を運んでいたのか(ローマのチネチッタもかな?)、
有名俳優(アル・パチーノ、ジョン・トラボルタ、シルベスター・スタローン等)との
ツーショット写真なども、館内に飾られています。
ちなみに、オーナーの奥さま?と俳優のツーショットも。(笑)




そんなことで、昨年、↑の恐竜もここにやってきて、
朝晩と映画館の用心棒をしております!(笑)





隣接したバールでは、アンナミラーズ張りのユニフォームを着たベティーちゃんもお出迎え!






ハ~イ! いや、イタリアだから、チャオ~~~!!! か?







そして、あいつも・・・






ダーダン ダーダン ダーダン ダーダン ダダーーーン!!!!!!!!!!!!









たった今、ヒト食ってきたじょーーーーって感じ? 


なんだか写真の方が、生々しいです。。。
生で見る方が、まだマシですよー。


エサは与えないでください、というより

エサにならないでください、という方がピッタリでしょうか。






そして、イタリアでは、夏になると野外映画がオープンするところが多いのですが、
ここにも、2つの室内以外に、6月から9月までは、野外アレーナがオープンしています。






↑こんな感じです。ここは、115席ほどで、
こちらは夏になると午後9時過ぎないと暗くならないので、
だいたい午後9時半過ぎから映画は始まります。



載せておいてなんですが、わたし個人的には、屋内派です。(爆)


だって、屋外は蚊に刺されたりして、ここでも虫除け・かゆみ止め必須だし、
だいいち、オーディオは断然、屋内の方がいいですねー。
座席も屋内の方が座り心地よいですし。

でも、このアレーナでは、1人につき2枚クッションを貸してくれて、
1枚を下に敷き、もう1枚を背中にあてるようにできます。
ちょっと親切な心使いが嬉しいですねー。


それと、屋外は、途中で雨が降って来ると面倒なんですよ。
屋内に空室があればそちらに移動できるのですが、
他の作品を上映中の場合は、それが終了した後の上映か
(それって、だいたい午後11時前後開始ってことなんですけど)、
翌日以降の上映になってしまうかなんです。

もし日程が合わない場合、ちょっとねー。。。


それから、夏とはいえ、夜は肌寒い時などもありますので、
屋外の時は、一応、羽織るものなんかも用意した方がいい場合もありますね。





ちなみに映画館の入場料ですが、それぞれの映画館にもよりますが、
リグーリアではだいたい7.50ユーロから3ユーロ。
日本円で約1223円から489円(1ユーロ=約163円計算)ほどです。

わたしの行くところは、6.50ユーロから5.50ユーロですが、
コープ協賛なので、コープで割引券をもらうと、
アレーナは4ユーロ、室内は5ユーロになります!
映画の入場料がお安いというのは、嬉しいかぎりですね~!



他のヨーロッパの国でも、テレビだけではなく映画館でも
吹き替え上映になっている国も多いと聞きますが、
イタリアでも、外国映画はほとんどがイタリア語吹き替えになっています。


たまに、オリジナル言語でイタリア語字幕の場合もありますが、
ある映画館では曜日を決めてオリジナルのまま上映するシステムになっているとか、
ある外国映画週間などで、その期間だけオリジナルを上映するとか、
そういう所でしか、オリジナルで観られる(聴ける)ことはありません。


最初は、イタリア人俳優以外のオリジナルの声を聞けないなんて!
と思いましたが(今でも、人によっては思いますが)、
最近は慣れました。

特に欧米系映画だと、まあ見た目はあまり違和感がないかと。。。(^^;;;;;


でも、フランス映画のイタリア語吹き替えは、個人的にイヤかな。。。
字幕がないと分からないので、イタリア語の方が理解はできますが、
言語の雰囲気がやはりお隣の国どうしでも違いますからねー。

まあ、もっともお隣の国でも、フランス映画がイタリアで映画館公開されることは、
今、日本で韓国映画が公開されているよりも、かなり少ないですが。。。

ちなみに、日本は本国フランスの次か、
フランス語地域があるカナダの次かそれよりも多くか、
フランス映画を購入しているそうです。




それから、ここでは、日本で売っているような映画パンフレットとかグッズってないですねー。
例えば、それがハリウッド映画で、超人気な作品だとしても。

それを考えると、日本の映画業界の商売意欲というか、お客さんへのサービス精神というか
すごいな~、やっぱり、と思いますね。





最近観た映画の話などは、またの機会に・・・ということにします。





それでは、みなさん、さよなら さよなら さよならーーーーーーーー
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 7

There are no comments yet.

gellius  

No title

淀川jacquelineさん、こんばんわ(゜m゜*)プッ
あたしは過去2度ほどローマで野外映画見たんですけど意外にも蚊には刺されなかったんだよなぁ。不思議。
あたしもどちらかというと屋内派です。
だって、やっぱり野外だと音が筒抜けちゃうというか、迫力に欠けるきが。。。でもヨーロッパらしくってこういうのも雰囲気を楽しむのでは大好きだー☆

2007/07/06 (Fri) 05:36

Jacqueline_ge  

No title

gelliusさん!すぐに、淀川さんに反応してくださったところが、素敵すぎますからーっ!!(笑)
書き始めの時には、全く思ってもいなかったことですが、最後のところにきたら、パッと思いつきで書いてしまいましたね~。 べつに、彼のファンというわけでもないんですけど。ぶっ
でもね、一度、東京FMのルイ・マル監督の映画試写会で、淀川さんがコメンテイターで来ていて、
ちょっと遠めからですが、一応、生で拝見したことがあります。彼の映画評はそれほど注意して読んだことはありませんが、けっこう辛口と聞いたことはあります。

あっ、このアレーナに淀川さんはさすがにいないんですけど(いたら、超名誉ですが 笑)、今年はまだ出現してないようですが、昨年はヒッチコックが座っていましたよ!

夏になると映画だけではなく、こちらでは野外のイベントって多いですよね~。
日本より遅めのスタート時間がちょっとネックと言えなくもないんだけど。。。
もしかして、わたくしは今夜もアレーナかもしれませぬ。

2007/07/09 (Mon) 17:05

きっこ  

No title

屋外の季節ですねぇ。確かに屋外って楽しいんだけど、蚊もいるし、ただでさえうるさい映画館がさらに・・(爆)
それよりもいちいち「第一幕、おわり」とかやめてほしいかも。

2007/07/10 (Tue) 21:43

Jacqueline_ge  

No title

きっこさん!やっぱり、蚊いますよね~。昨日、↑のコメントでもちらっと予告していますが、アレーナにまた行ったんですけど、かもめの鳴き声がちょっとうっとうしかったかな(笑)ちょっと寒かったし。
屋外のイベント系、近所の人はかなり迷惑でしょうね~。また、こちらは始まる時間が遅いから、就寝の時間帯でも大きな音がする時あるだろうし。コンサートとか花火とか。ようやく眠らせた赤ちゃんなんかも、起きちゃいますよね(苦笑)

「第一幕、おわり」とかは、一応慣れたんですが、変な切り方をどううにかして欲しいですねー。いきなりブチッて切られることが多いですよね。

2007/07/10 (Tue) 23:09

-  

No title

最後の、淀川長治さんの♪さよなら、さよなら♪で終わるところが(笑)ジョーズは、ホント、餌にならないでくださいですね(^^ゞわたしも小学生時代から「ロードショウ」の本を毎月お小遣いで買って、綺麗な映画スターさんを見てました。勉強をしないで映画大好きな女の子でした!夢破れて山河あり、でもまた夢を持つことが出来ました。ありがとうございます、でももう遅いかしら、本当は46歳なんです。ごめんなさいペコリ(o_ _)o)フランス、イタリア、ロシア、美術館巡りツアー、それまで会話習得できるかしら、本当に抜けるのが早くて、またいろいろと教えてくださいね。よろしくお願いします★

2007/08/20 (Mon) 11:12

Jacqueline_ge  

No title

りこさん!へー!小学生から映画専門雑誌をお小遣いで購入とは、通というか渋いです!でも、そういうのカッコイイですよー。

わたしが映画に目覚めたのは、大学生からなのでわりと遅め?です。予備校のある現代文の先生が、「今は受験勉強で忙しいだろうけど、大学生になったら、たくさん映画を観ろ!」って言っていて、その影響で大学に入ってから色々観始めましたが、最初は何を観ていいか・・・って感じだったので、メジャーなハリウッド系から入りましたが、後々、試写会などで色々観るようになって、ヨーロッパ系/米系でもインディーズ系とかに目覚めましたね~。でも、ハリウッド系でも、エンターテイメントに軽く行く時は、好みの範疇だったらいいんですけど。映画鑑賞は、語学習得にも役立ちますよ~って、受かった時の英検2級の面接官の日本人女性の先生が言ってました。女性の面接官キビシソーっていうイメージがあるのですが(特に同性には)、その方は、わりと面接官にしては若めで、やさしそうだったので、なんとなく記憶に残っています!

2007/08/22 (Wed) 01:54

Jacqueline_ge  

No title

りこさん、続きです。

大人になってからの語学学習って、地道な努力の積み重ねだとよく言われるんですが、楽しみや目標があるならきっと続きますよ!お互いがんばりましょうね~!(^0^)

2007/08/22 (Wed) 01:56

Leave a reply