FC2ブログ
jacquelinege

誕生日パーティー





遅ればせながらのUPで、しかも私事で恐縮ですが・・・

6月16日土曜日、2週間遅れですが誕生日パーティーをしました。


すでに、こちらのブログにコメントを残してくださるみなさんからは、
お祝いの言葉をいただいているので、
今さらでなんですが、
リグーリア料理など、お料理の写真を載せたいので・・・。(汗)





朝8時から12時半まで、たっぷり4時間半、わたくし働き(料理)ました。


午後13時、オープン! 

11人の人が集まってくれました。
けっこう、みんな時間通りで、優秀でした!(笑)


そして、パーティー前後や最中に、欠席した人たちから、
電話やメッセージなどいただきました。
みんな、義理堅いなぁ~。(驚)






食事は気軽なビュッフェ形式。

みんな、今か今かと、列を成して待っていました。
用意ドンっ!、でセルフサービス開始です。(笑)
写真撮り終わるまで、待ってください!



わたしは、お寿司3種:太巻き(きゅうり、卵焼き、サーモン、小エビ、でんぶ)、
サーモン握り、エビマヨの軍艦巻き、鳥のから揚げを作りました。

ええ、この日は、自分のためのパーティーなので、日本食のみ作りましたよん!



バットに入った緑色のお料理は、
ジャンニが作ったTorta di riso con spinaci(トルタ ディ リーゾ コン スピナーチ:
ライスとほうれん草のタルト)で冷たい一品です!


(ここで、笑えた方・・・お友だちになれそうです。 笑)



作り方は簡単なようですので、レシピを紹介しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Torta di riso con spinaci(ライスとほうれん草のタルト)

材料:お米、ほうれん草、モッツァレッラ、パルミジャーノ、塩、EXオリーブオイル


1. お米をゆでて、やわらかくなったところでお湯を切ります。
  *まあ、炊いたものでもOKだと思います。

2. ほうれん草をゆでてた後、食べやすい大きさに切ります。

3. モッツァレッラ(チーズ)をやわらかくなるぐらいに溶かします。

4. 1と2と3を混ぜ、パルミジャーノ・レッジャーノをおろしたものをお好み量だけ混ぜます。

5. 4に塩適量、EXオリーブオイル少々を混ぜ、味付けします。

6. 5をバットなど平たい入れ物に入れて、平らにします。
  *ジャンニのは、高さ約3cmぐらいでした。

7. 冷蔵庫に入れて冷やします。

8. 召し上がる際に、上にまたおろしたパルミジャーノをかけます。


さあ、召し上がれ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イタリア人は、暑い時には熱いものは食べたくないということで
(パスタやピッツァは温かいものも食べますが)、
この時期にはリゾットやミネストローネなど、とんでもない!と言う人が多いのですね~。

特に、ご飯系はライスサラダみたいなものが好まれますが、
今回は、お米のタルトでした。


わたしも今回初めて食べましたが、ぜひ、自分でも作ってみたいですね~。




それから、購入品ですが、
リグーリア/ジェノヴァ名物の各種フォカッチャ
(オニオン、プレーン、ズッキーニ、トマトソースとプロシュート:ハムとフォルマッジョ:チーズ、
ソーセージとローズマリー)と切り売りピッツァ(トマトソースにオリーブ)。








このお寿司のお皿! 

一年前に衝動買いしたきり、
使う機会がなく眠っていましたが、初デビューですの。

各お寿司のイラストとネタの名称が日本語(漢字ORひらがな)と
ローマ字と英語で記されているのですが、
訳した人が分からなかったのか、
漢字・ひらがな名が書いてないネタもいくつかありました。(^^;;;


太巻きの作り方や材料、から揚げの衣の材料が、
みんな気になるらしく、質問されましたね~。
から揚げの衣は、小麦粉とガーリックパウダー、しょうが、お醤油、塩が入ってますでしょうか?
小麦粉の代わりに片栗粉でもよいですね。


・・・っていうか、日本から持参したから揚げ粉ですからっ。(汗)
もしかして、初めてこの市販の粉を使ったかもしれませんねー。
でも、美味しくて、大好評でした。(笑)



太巻き巻いて、切って・・・っていう作業、
意外に時間がかかってめんどくさいですねー。
日本だったら、お手ごろ価格で手に入るから、作ったことなかったのですが、
こちらに来てから、機会がある時(年2回ぐらい)には作るようになりました。




そして、デザート。








わたし作は、フルーツ白玉+こしあん。


すでに、おもちは苦手(これは団子ですが)という人もいましたが、
初めて食すという人もいるので、試していただきましたよ。


噛みにくいので、一口で飲み込んだ人もいれば、
噛み切るのに悪戦苦闘している人もいましたねー。

そこで、わたしがどうやって白玉だんごを食べるのかが気になったらしいです。
そんなことを気にして食べたことはなかったのですが、
この時は、口の中に入れた後、2つに噛み切って食べましたね。(笑)


あんこは、食べるまで、何?って感じがするようですが、
気に入る人はけっこう多いですね。

お饅頭は試したことがある人も出席者の中にはいたので、
「あれに入ってたやつだよねー」と気がついたようです。







フルーツタルトはアンドレイーナ作。

こちらでは、誕生日の人、
もしくは、その時の主賓がケーキカットするのが定番なんでしょうか?

ケーキを切るように言われました。



その際に、

「日本語でお誕生日の歌はどう歌うの? おたんじょーび おめでとー♪ ?」

と聞かれたので、

「日本では、英語版で歌うんだよねー。」

と応えたら、それならイタリア語でいいや、ということで、
イタリア語版のHappy Birthdayをみんなで歌ってくれましたね。



それから、チョコレートプリンはプーチョ作、クッキーとパイ菓子はジャンニ持参。


タピオカとココナツのタルトは、ピーナ作。

これ、ブラジル人のお友だちから教わったとのこと。
上にかかっているのはシナモンで、
本当は「auguri」(アウグーリ:おめでとう)って書いてくれたとのことなのですが、
運んでいる最中に消えてしまって、かろうじて「a」が見えるぐらいで残念ですねー。

タピオカといっても、タピオカミルクに入っているようなプチプチした粒のような食感ではなく、
ほとんど炊いたご飯のような感じでした。
もしかして、タピオカミルクとココナツだったのかも?


そして、これ以外に5種類ほどのジェラートがありました。




食後には、軽くおりがみレクチャー!(笑) (←またかいっ!)


出席者のうち大多数は、すでにわたしの過去のおりがみレクチャーに参加していて、
つる・あさがおを折ったグループとかぶとを折ったグループとたので、
今回はカメラにしてみました。


最初はいすに座って折っていたものの、
最後の方のちょっとだけややこしいところにかかると、
総立ちになって、みんな、わたしの近くに寄ってきて、
「どうやるの? どうやるのー?」と、取り囲まれてしましました。


えーと、この前の中学校の時とは違って、だいぶ年齢層上なのですが・・・(^^;;;;



でも、出来上がると、みんな童心に帰って、パチパチと遊んでいましたねー。(笑)




そして、

「そろそろ、プレゼント開けなよ~!」

という声に促されて、順番に開けてみました。






アンドレアとシルヴィアより。

★Te’ bianco(テ ビアンコ/白茶)-中国皇帝の愛したお茶-

★リンツとお茶の後に味わうフレーバーチョコ

★着物(ゲイシャ)PUCCAの携帯ストラップ
 
 *PUCCAは、中国・日本・韓国などのあらゆることを混ぜこぜにした
 イタリアのキャラクターで、テレビで5分ぐらいのサイレントアニメも放映されています。

★ルーポ アルベルトのミニカード
 
 *ルーポ アルベルト(LUPO ALBERTO)は、
 SILVERというイタリア人漫画家の同名マンガ作品の主人公で、
 おおかみでありながら、トラディッシュナルな家庭のめんどりマルタに恋してしまう
 キャラクターです。
 日本で言う厚生省作成のAIDS撲滅キャンペーン用のコンドー○使用推進パンフレットにも
 このアルベルトとマルタは一役買っていますが、
 カトリックというお国柄か、けっこう回収されてしまったようです。。。







フローラより

★手作りウサギのマスコット(右上)

アンドレイーナより

★手作りチョーカー(右下)

ピーナとルッチョより

★フラワーモチーフのペンダント(中央下)

ファビオとバルバラより

★ピアス





クラウディアより

★手作り小箱/ジュエリー入れ(右上)

フィリッポより

★何かの種を使用して加工されたネックレス(中央下)

ジャンニより

★ブレスレット(左上)


そして、

アントニオとアンナより

★2人が翻訳・出版したイタリア語の本

★いちじくとすももの手作りジャム

有志一同より

★ハイビスカスの鉢植え(ページ初めの写真)




みんな、Grazie mille!!!/どうもありがとう!!!



この週は、雨模様の日が続いていて、前日までお天気が心配だったたのですが、
わたし作のテルテル坊主がいい仕事してくれたのか天候にも恵まれ、
よい一日がすごせました。




そして、同週お誕生日だった、出席者のクラウディアとルッチョ、
欠席してたフランチェスコにも、TANTI AUGURI !!!!!



そして、6月生まれのみなさん、お誕生日おめでとう!!!!!
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 16

There are no comments yet.

mus**649  

No title

わぁ!豪勢ですね!!

2007/06/29 (Fri) 18:52

きっこ  

No title

改めておめでとうございま~す。
タピオカとココナッツのたるとがどれだかわかりませんでした、あのティラミスみたいなやつかな?!

お友達とワイワイ過ごす誕生日はまた格別ですね。
お寿司もから揚げもおいしそう~
準備大変だったでしょ?おつかれさまでしたっ

2007/06/29 (Fri) 21:49

Jacqueline_ge  

No title

ひさしさん!はじめまして、ご訪問ありがとうございます!
ひさしさんの方へもちらっとのぞかせていただきましたが、お料理の写真や記事が多いようですね。

ここも、食の国イタリアなだけにお料理の写真多いかと思います(笑)
また、気が向いたら見にきてくださ~い。

2007/06/29 (Fri) 22:06

Jacqueline_ge  

No title

きっこさん!ありがとうございます。そして、すみません気を使っていただいて。(汗)

そうです、その見た目、ティラミスの色っぽいのがタピオカとココナッツのタルトですねー。

特別な時でないと、お寿司とか作りませんし、テイクアウトのお寿司でさえ、たいしたことないネタ4かんで4.50-80ユーロぐらいなので、買わないですよね。。。美味しいお寿司が食べたいものですね~。

料理の時間がギリギリで、飾りつけも音楽もなしでしたが、そこを突っ込まれましたねー。

2007/06/29 (Fri) 22:19

HERO  

No title

Auguri!
あれ、もしかして俺、初コメント?
なんか読み逃げしてたからね・・・ でも、コメントしてたようなしてないような・・・
ま、とにかくちょっと遅いおめでとうってことで!
豪華な料理がならんでよかったですね!
すしはやっぱり自分で作るのが一番安くておいしいよね!
ジェノバにはおいしい日本食屋とかあるんですかねぇ?
フィレンツェには・・・ないですね。

2007/06/30 (Sat) 00:44

amopun  

No title

jacquelineさ~~~ん☆

お誕生日おめでとうございましたーーー☆
スゴい素敵なお誕生会だったのですね。お寿司も唐揚げも白玉もとってもおいしそうです♪
こっちのお誕生会って自分で働かなきゃいけないのが何だかなあで面倒くさくって外でしちゃったりしますもんね。全部手作りってエラいです~~~。

私今までjacquelineさんがブログなさってるのを何故か気付かなかったんです…なもんで初めて遊びに来ました。←やっぱり抜けてる…。
これからもよろしくです~♪

2007/06/30 (Sat) 05:31

gellius  

No title

おめでとーーー☆そして、素敵なパーチー♪
あたいもそう言えばイタリア来て最初の誕生日はパーチーしたけどそっからしてないなぁ。
素敵なお友達に恵まれてよかったですね♪
寿司がうまそーーーーー☆

2007/06/30 (Sat) 05:32

Yukako  

No title

遅くなりましたが、お誕生日おめでとう!
たくさんのお友達にお祝いしてもらって素敵なお誕生パーティーになりましたね。
それにしてもすっごいたくさんのご馳走!おいしそ~~う!
それから、太巻き寿司、あれ結構めんどうなのよねぇ。私もいつも海苔巻き作るたびに思いますよ。うちの包丁は切れが悪いから余計にそうなんだけど(笑)
ちなみに、我が家の今日の夕食はお寿司でーす!

2007/06/30 (Sat) 23:25

ろみい  

No title

素敵な仲間に囲まれての素敵なお誕生日パーティになりましたね。
たくさんの豪勢な食事にデザートにプレゼント!
白玉おいしそうじゃありませんか!!!
イタリアの方って,お餅の感触に慣れていないんですね。
ここアジアでは、当たり前のように食べるものなのに。
面白い!!!
しかし、美味しそうなものばかりなのでこんな夜なのに
おなかが減ってきましたよ!(12:20AM HONG KONG)^-^

2007/07/01 (Sun) 01:19

Jacqueline_ge  

No title

HEROさん!Grazie mille! はい、コメントいただくの初めてです(笑) たぶん、私が書き込んでいるコメントにお返事いただいているので、混乱しているのかと思いますよ(笑)

お刺身が手軽に入れば、お寿司を自分で作るのもいいんですけどねー、こちらで作ると、ネタが限られてしまいますよね。やっぱり、お寿司は職人技ですね。
ジェノヴァには、日本食レストランは5―6件ありますが、日本人経営はないかな。一部、日本人板前さんがいるっていう噂も聞かないではないですが、日本人が確認してないので怪しいですね。分類ジェノヴァの中の「ポルトアンティーコ」の記事のところに、その中でも、まあ良さそうなお店を2件紹介しています。TOROと入船というお店です。関心があったら見てみてください。

フィレンツェには、宅配寿司とか日本人経営のラーメン屋さんとかありますよね~? それと、HEROさんのところのうちご飯の和食部門も結構充実しているから、うらやましいですよ。山菜とか手に入るのがすごいしー。

2007/07/03 (Tue) 15:08

Jacqueline_ge  

No title

amopunさん!いらっしゃいませ~&ありがとうございます!!!

いやいや、amopunさんがいつも行かれているゴージャスなパーティーを見てしまうと、正直、載せるべきか否か考えましたよぉ(笑)
私も朝から働きましたが、amopunさんのお米何升炊いて、何百人分のお寿司を握ったとか…そういうレベルではないので、まだそれを考えるとひよっこです。(笑)すご~いなぁって、いつも尊敬の念ですよ。

でも、自分主催のパーティーだと、好きなようにできるのと、呼んでいる人との関係も居心地がいい場合が多いので気が楽なのはありますね~。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします~!

2007/07/03 (Tue) 15:22

Jacqueline_ge  

No title

gelliusさん!再びお祝いのお言葉ありがとうございます!恐縮です(汗)

こちらの人って、日本よりも大人の人も誕生日会する人多いような気がしませんか?子どもは、もう大きくなるまで友だちを呼んでするのが結構定着しているみたいで、親御さんが大変そうですよね。まあ、大人はしなくてもいいかもしれないけど、子どもの場合、家族の都合などでできない場合は、かわいそうですよね。。。

お寿司、自分で作れるネタ以外のものが食べたいですよね~。

2007/07/03 (Tue) 15:31

Jacqueline_ge  

No title

Yukakoさん!お祝いのお言葉ありがとうございます!
パーティーすると、たくさん食べ物あまりますよねー。お寿司とから揚げは、だいたい人数と分量を考えて作ったので余りませんでしたが、他のものはあまりましたね~。あとの処理も大変ですねー。

太巻き、初めて作った時は、お米をお鍋で炊くこともほとんど初めてで、ちょっとやわらかくなってしまって、余計に切りにくく、形がくずれやすかったですね。最近、コツを覚えましたが、ナイフ/包丁をサッと水につけて、切り込み入れたらすばやくひくのと、お米がくっつかなくてよいみたいですねー。毎回、包丁を水に通すのが面倒ですが。
Yukakoさんも御寿司作られたんですね~!やっぱり、御寿司は人に作ってもらうのがいいかな~(笑)

2007/07/03 (Tue) 15:43

Jacqueline_ge  

No title

ろみいさん!豪勢というか、たくさんあるのでそのように見えるだけかと・・・(汗)ホームパーティーって感じですよね。

ろみいさんのところで、「材料がイタリアでも手に入るのね」ってお返事があったのですが、いや、ミラノとかローマとか大きな都市のお店には日本からの白玉粉や餡子などもあると思うのですが、これは日本から持参した材料で作りました。記事にした自然食品のスーパーには、「十勝の小豆」とか、もしかして白玉粉か上新粉とか売っているかもしれませんが、高いんですよね~、これが! いかに、そこでの買い物が高かったか、「わたしは日本食しかたべないのよ~」っていう記事で書いていますので、よかったらご参照ください。

お餅は、チューインガムみたいって言いますね。のびて噛み切るのが大変なので。韓国のトッポギっていうお餅ご存知ですか?魚肉ソーセージみたいな形なんですけど、あれは、それほど伸びず、噛み切れますねー。

2007/07/03 (Tue) 15:56

Riccia  

No title

あ、楽しみにしていたお誕生日パーティーの記事ですね!
すごい、豪勢なお誕生日パーティー。
こんなにたくさん作るの大変だったでしょ?
でもどれもおいしそう!

Torta di riso con spinaciは、写真で見ただけでは、ジェノバらしくペストを使ったものかと思ってしまいました。友人のコックさんが、ペストのラザニアをよく作ってくれるので…

2007/07/06 (Fri) 20:53

Jacqueline_ge  

No title

Ricciaさん! 楽しみにしていてくださったということでありがとうございます!
かなり遅れてのUPでしたが、そう言っていただけると載せた甲斐がありました(号泣)

豪勢・・・とみなさん言ってくださるのですが(汗)、まあ、出席者の人も作って持ってきてくださったりしましたので。。。

Torta di riso、そうですね~、バジリコでもできますかね~。でもちょっと高く付くのかな?(笑)
ラザニア アル ペスト、わたしがよく行くセルフサービスのお店にもよくあるメニューです。まあ、ラザニアだけではなく、ミネストローネにもペストを入れて、ズッパ ジェノヴェーゼとか、色々なところにペストは使われていますね~。あまりないですが、そして、ジェノヴェーゼも「えーっ」って言いますが、ペストのジェラート出しているジェラート屋さんもありますね(笑)
でも、意外に、トルタ系は、バジリコよりほうれん草が使われることの方が多いみたいです。

リグーリア料理、まだまだ色々ありますので、随時、紹介していきたいと思います~!

2007/07/09 (Mon) 16:50

Leave a reply