FC2ブログ
jacquelinege

パリの空港で国際電話【プリペイドカード篇・前編】

先日、初めてパリのシャルル・ド・ゴール空港で、
クレジットカードを使って電話をした時の経験について書きましたが、

今回は、その帰りにプリペイドカードを使って国際電話をした時の苦労話を。




と、その前に、なぜパリかというと・・・


今のところ、日本からジェノヴァに来る、
もしくは、ジェノヴァから日本に行くルートとして、
時間や価格的な面でわりと便利なのがエールフランスなので、
わたしはパリ乗換えが多いのです。


日本からイタリアへの直行便は、
ローマかミラノ着なので、
どちらにしても少なくとも1回の乗り換えは必要です。


初めての渡伊の際には、
探した旅行会社内の価格では、その時たまたまアリタリアの方が安かったので、
成田-ミラノ-ジェノヴァのルートで来ましたが、
JALとの共同運航便で、行きがJALだったので、
その点で、旅慣れていなかったわたしにも安心ではあったのですが、
ただ、ちょっとした落とし穴が、ここにも。


わたしはアリタリアのチケットを購入したので、
成田の第一ターミナルに行ったのですが、
(東京方面からすると、後の方の駅です。)
改札を抜けて、わりとすぐに案内の方に聞いたら、

「あっ、この便は日本航空との共同運航便なので、

第二ターミナルからの出発ですね。」


なにーっ!?


「でも、無料のシャトルバスが出ていますので、

今からすぐに向かっていただければ間に合いますから・・・」


と、親切な案内で、第二ターミナルへ。。。



旅慣れている人には、基本的なことなのかもしれませんが、
旅行会社の人、チケット事前に受け取りに行った時に、
言ってほしかったよー。
もしくは、説明書に記載しておいてくれるとかね。


なので、共同運航便の場合には、
自分の使う航空会社の発着ターミナルと
共同運航便の発着ターミナルが異なる場合もありますので、
要注意です。




話を戻して、パリの空港へ

行きの際に、到着した時点でプリペイドカードを買わなかったため、
クレジットカードを使うことになってしまった経験を踏まえて、
帰りの際は、ジェノヴァ-パリのフライト後、
ゲートを出た後、すぐ近くの雑誌やお土産などが販売されている売店で、
プリペイドカードを購入。






特に、「国際電話用」と言わなかったのですが、
外国人だからか、「国際電話用のプリペイドカード(7.50ユーロ)」を
渡されました。
(フランス国内へのローカル電話もかけられますが)

説明書は、フランス語、英語、スペイン語の3ヶ国語で書かれています。


さあ、早速、電話をしよう!と

公衆電話で試してみました。


まず、

1)電話には何も入れず、受話器を上げて、
無料のアクセスナンバーをプッシュ。

自動アナウンスが流れますので、
(これが、言語を選べたか、フランス語だけだったか定かではありませんが)

2)カードの銀のスクラッチ部分をコインや爪などで削って出てきたピンコードを入力した後、
 *(アステリスク)をプッシュ。


・・・なのですが、


何が間違っているのか、何かが違っているらしく、
アナウンスは、元のところに戻る・・・

なので、もう1度、2)の作業をしてみる。


でも、次に進まない。。。

何度か繰り返すと、自動的にたぶん通話が終了した気がします。


この電話が壊れているのかも?

と、他の公衆電話を探して、再度試すも同じような状況。

説明書に書いてある他の番号を入力してみるも、違うらしい。




そこで、まずわたしの取った行動。


1)空港の日本人職員の人を探した!

わたしが、ジェノヴァ-パリのフライトから降りて、
 空港内の通路に入ったときに、
 ちょうど日本人女性のスタッフらしい人がいて、
(しかも、在仏っぽかった)
 「出口はあちらです」みたいな案内を日本語でされたのを踏まえてです。

あっ、一言付け加えると、成田/大阪-パリ間なら日本人乗客もたくさんいるかと思いますが、
ジェノヴァ-パリのフライトで、日本人が知らない人同士で複数一緒になるケースって、
けっこう低いので、そのスタッフらしい日本人の方は、
日本から来た旅行会社の添乗員の方ではないと思います。
(その便には、日本人はわたしひとりだけでしたし)



2)1)らしい人を見つけたので、声をかけてみた!

 最初に会った人ではありませんでしたが、
 日本人女性らしく、しかも服装から旅行者ではなく、
 スタッフの人のようでしたので、背後から、

「すみません~!」

 と日本語で声をかけてみました。

 ・・・

 でも、振り向いてくれません。

   
 あれ? 雑踏でガヤガヤしているから聞こえなかったのかな?

 と思って、再度、もう少し大きな声で呼んでみました。

 ・・・

 えっ? まだ聞こえない? もしかして、無視?

   
 仕方がないので、早足でその人を追い越して、
 さりげなく振り返って見たら、


 ブラウスの襟が、なんとなくチャイナ服の襟っぽい。。。


 あっ、もしかして日本人じゃなかったのね。(^^;;;;;
 (無視?とか疑って、ごめんなさいね~。)


   
3)再度公衆電話で、他の旅行者の様子を観察して、
     
 同じようにして国際電話をしている人が使う電話を使うか、
 なんなら、その人に聞いてみよう!

 ということで、公衆電話が4台ほどある所に行ってみました。

 欧米系その他の人が数人電話しようとしていて、
 話している言葉がフランス語ではなかったのと、
 手に、わたしと同じカードを持っていたので、
 同じ目的だわ、と思いましたが、
 どうやら、2-3人電話しようとしていた人、
 みんなかからなくて困っていた様子。。。

 これは、質問できない。。。


4)アリタリアのブースに駆け込んでみた!

 思い出していただければ、あれ?って感じですが、
 わたしはこの時エールフランスの乗客で、アリタリアとは関係なかったのですが、
 アリタリアならイタリア人、もしくはイタリア語を話す人がいますよね。
 そして、英語でフランス人に質問するより、
 イタリア語で質問した方が分かるかも? 
 と思って、行ってみました。

 カウンターには、2人の女性がいて、
 どうやら1人はイタリア人で、もう1人はフランス人。
 それほど待っている人がいなかったので、質問しても大丈夫かな?
 と思い、列に並んでみました。
 イタリア人に当たりますように・・・と思いながら。
 (好きな方の人のところに並ぶのではなくて、
 一列に並んで、順番時に手が開いた方の人のところに行くのです。)


で、わたしの番が来たのですが・・・フランス人。

仕方がない。。。



 仏スタッフ 「ボンジュール!」

 わたし(英語)「ボンジュール(仏語)、すみません、イタリア語を話されますか?」

 仏スタッフ(伊語)「はい、どのようなご用件ですか?」

 わたし(伊語)「あの、わたしはアリタリアの乗客ではないんですが・・・
    
         質問をしてもいいですか?」

 仏スタッフ(伊語)「はい、どういうことですか?」

 わたし(伊語)「実は、このカードで電話をしたいのですが、
    
         ピンコードを入れても次の段階に進まないんです。」
  
       (説明書とカードを見せる。)

 仏スタッフ(伊語)「ああ、これは普通のテレフォンカードではないですねぇ。

           わたしにも、どうして先に進まないかはよく分かりません。

           それに、今、たくさんお客様が並んでしまいましたので・・・」


       (振り返ると、わたしが並び始めた時より、はるかに人が増えていた。)


 わたし(伊語)「いずれにしても、ありがとうございました。」

     
 ・・・ここでも、電話のかけ方は分からなかったか!

 でも、フランス人が、乗客でもない人にイタリア語で対応してくれたので、
 まあ、よしとするか。。。



と、まだ続くのですが、字数制限が来たので、次の回で!



↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)

80位台に乗りました!ありがとうございます~♪




あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ。




こういうガイドブックには、
こんな国際電話のかけ方なんて書いてあるのかな?
個人旅行用ガイドということで、
ちょっと気になります。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 10

There are no comments yet.

cas**lanca*8*0  

No title

うわぁ~っ、続きがきになるーーー!
新しいサスペンス!? それとも焦らす作戦を取った嫌がらせ!?(な訳ないかー) なんにしても、さぁどうなるJacqueline !!


はやくーはやくーはやくーはやくー!
「ぽち」を何回もがしがし押したんで、キーボードご壊れないうちに続きをアップしてくださいー。

2009/08/01 (Sat) 09:36

regina  

No title

同じような苦労されていますね(笑)今となれば笑い話でいえるのですが、その時点ではホント、焦りますよね~、特に緊急の電話とかだとすっごく困ります。
イタリア人は親切だわ、流石!!
フランス人だと軽くあしらわれそうですよね、最近でこそ多少は好きになりましたがイタリア人ほど好きになれない彼等。。。
先日レスした時の携帯で掛けた時の金額、今はちょっと安くなっていますが、数年前に留学している時の二ヶ月間で、使用した携帯の請求は10万円を超えてました.。ooO(゜ペ/)/ひゃ

2009/08/01 (Sat) 22:24

Jacqueline_ge  

No title

cas**lanca*8*0さん♪いや、長くなったので続けて2部に分けてUPしようと思ったのですが、予想外に急遽出かけなくてはならなくて、後半がUPできなかったのです~。そうそう、焦らす作戦?って思うかな~?って、わたしも思いましたが(^^;;;;;

この後後半を載せますね!キーボードが壊れていないとよいのですが(笑)

2009/08/03 (Mon) 16:23

Jacqueline_ge  

No title

Reginaさん♪そうなんです~。そうそう、緊急だと困りますよね!例えば、日本からの旅行者の方で、出先で日本に電話することなんてきっとないだろうから…なんて思っていたとしても、フライト便が遅れて到着が翌日になるとか、そんなことも起こりえますから、油断がならないですよね!

>イタリア人は親切だわ
って、もしかしてアリタリアの人のことを指してますか?ここには、イタリア人とのやりとりは登場してなくて、アリタリアの人はフランス人だけど、イタリア語を話しているんです。
空港やフライトの中でやり取りがあったフランス人の中では、親切な人とクールな人と半々ぐらいかな?でも、よく聞くフランス人の傾向は多いので、逆にそれほど親切を期待していないだけに、人当たりがよい人に出会うと、すごく点数UPする感じです(^^)どちらかというと、人当たりがよかったのは男性の方が多いかも(笑)(あれ、イタリア人と同じ傾向?笑)

2009/08/03 (Mon) 16:38

Jacqueline_ge  

No title

Reginaさん、つづきです。

日本の国際携帯で2ヶ月10万円ですか!それは痛い出費でしたね(><)同じ学校に留学していたコが、やはり日本の国際携帯を使用していたんですけど、道で時間を聞かれた時にひったくられてしまったんですよ!すぐに使用中止にしたから使用料の被害はなかったのですが、それも痛いですよね。。。

2009/08/03 (Mon) 16:39

regina  

No title

Jacquelineさん、正に!!私がイタリアから掛けようとしたのがイタリアからの帰りが翌日になるから電話をしようとして掛からなかったんです、会社の人にすっごく心配されてました、でもある同僚から聞いたら、私がイタリアが大好きだから余分に飛行機が遅れたことにしてもう一日いたんじゃないかと思われてたみたいです(×_×)

あっ、読み違えてました、大変失礼しました<m(__)m>
フランス人だけどイタリア語が話せる人でしたね(^^ゞ
正確がいいフランス人とかに出会うとフランス人、フランスに対するイメージが良くなりますよね。
私も前回の旅行で滞在したところの方がと~ってもいい人だったので少しだけフランスが好きになりました、私も男性でした(^o^)ハハハ

2009/08/03 (Mon) 16:46

regina  

No title

携帯を盗まれただなんて...すっごくショックでしよね(;>_<;)ビェェン、今は電話番号とかアドレス帳に書いたりする週間がなくなっちゃったから盗まれたら何もかもなくなっちゃいますよね~
メモリーが飛んでもそうだけど...

2009/08/03 (Mon) 16:48

Jacqueline_ge  

No title

Reginaさん♪おっ!早速のレス。
>余分に飛行機が遅れたことにしてもう一日いたんじゃないか…
って、そんな変な勘繰りって困りますね。。(TT)
この記事の時ではないですが、わたしもフライトの遅れで乗り継ぎ便に乗れなくて、途中まで迎えに来てもらう予定だったので、電話できないと困るということがありました。
会社の人というと…日本で勤めていた時に夏休みを取る時に、女性の上司(40代シングル)に「どこへ行くの?」と聞かれて、「イタリアです。」と応えたら、「あ、イタリア人ってカッコイイ人ばかりでいいわね。」という返答が。。。(^^;;;;;
何とも返さなかったのですが、そう思っている人って多いのでしょうかねぇ。「日本にはサムライがいる」と同じ…とまでとは言わないけど。

2009/08/03 (Mon) 17:05

Jacqueline_ge  

No title

Reginaさん、つづきです。

たかだ空港の出会いとか、町での出会いとかでも、いい人に会うとその国や町のイメージが自分の中でUPしますよね。嫌な思いをすると反対もまたありですが。
例えば、同じ日本人同士でも、色々な対応をする人がいるけど、イタリア人にルーズだったり、煩雑だったり、冷たい対応されると、「えーっ!?」って思うけど、イタリア人だからな・・・とどこか諦めの気持ちが少しそれをやわらげたりしますが、同じ対応を日本人にされると、「日本人らしい対応」を期待してしまっているだけに、より感情的にイライラしてしまったりします。それが分かるだけに、自分が何か対応するときは、やはり日本人には気をつかってしまいますね。

携帯、そうですよね!その本体もそうですけど、メモリーはショックですよね。携帯メモリーの保存用のPCソフトがあって、わたしは時々バックアップを取ってますが、重要なものはやはり紙にも控えておいた方がよいかもですね。

2009/08/03 (Mon) 17:15

mek*pos*  

No title

成田空港のターミナルは間違えたら大変だよね。
よかったね、間に合って。
共同運行とは落とし穴だね。

2009/08/05 (Wed) 19:51

Leave a reply