FC2ブログ
jacquelinege

【イタリア夏の夜】ミスコンとシス・コンとジェラートと





*最初にお断りしますが・・・
 今回の記事にはタイトルに直接関係する写真は残念ながらありません。
 期待されて来られた方、ごめんなさいね。




イタリアでは、夏になると屋外&屋内問わず、
色々なイベントや企画催しもの、お祭りなどが、各地域でいっそう増えますが、


この前、わざわざ何かのイベントのためではなく、
ちょっとジャラートでも食べに行こう!と、
外に出て、偶然に出会った催しものについて書こうと思います。




あえて、タイトルの言葉の並びとは反対に書いていきますが、

まずは、ジェラート

(これは催しものではありませんが)

ジェラートぐらい写真を撮ればよかったのですが、

取り損ねました。。。



写真を撮ったら、またクイズにするかどうかって考えつつ、

あえて前回とは別の組み合わせにしてみましたが・・・


写真がないのと、二度同じパターンのクイズでは芸がないので、

あっさり公表!



でも、ちょっと考えたいですか???


















食べたのは、





スイカ、ホワイトチョコレート、ヘーゼルナッツ味


ふふふ、写真があってもちょっぴり難しかったかしら?


わたしの定番のピスタチオは迷いましたが、
同じナッツ系でヘーゼルナッツにしておきました。

これも、色からではなかなか特定するのが難しそうですね。

ホワイトチョコレートはクリームとかバニラと間違えそうだし、

スイカはイチゴ?と思うのではないかしら。





それから、次にシス・コン


紛らわしくてごめんなさいね、

あの、お姉さんに恋愛感情のようなものを抱くことではないのですよ~。


この日は、有料の野外コンサート(5ユーロ)もあったのですが、
そちらは、ちらっと柵の外から見聞きしただけでスルー。


なにやら、ある教会の外でもイベントをしていて、
覘いて見たら、こちらもコンサート。


教会のところのコンサートなのですが、
音楽はなんだかポップな雰囲気。

もしかして原曲をアレンジしているのかもしれないのですが、
わたしにはそれは分かりません。

特設ステージでは、シスター(もしくは、その衣装を着た女性?)が、
踊って、歌っていました!

と言っても、ゴスペルのような音楽ではないんですよ。


あまり歌詞をよく聞いていなかったのだけど、
やっぱり内容的にはキリスト教系のことを歌っているのかな?
と想像しましたが、パッと聞いただけでは、
教会の前でなくて、シスターのスタイルをしていなかったら、
そういうコンサートとは分からなかった気がします。


色々、聴衆を集めるために工夫しているのねーと思いましたが、
ちょっと見て、その場を立ち去りました。


あっ、シス・コンは、「シスターコンサート」の略でした。

(一応「・」で区切ってみましたわ。^^;;;;;)





ジェラートを食べて、ブラブラ散歩をしていたら、

なにやら、人だかりが・・・



なになに、こちらもコンサート???


と思いきや、


ミスコン!!!



なんか、そこでテンション上がるなんて、

ちょっとイタリア人化している気がしますが、(^^;;;;;;

迷わず覘きに行きました~。





エントリーした17~19歳ぐらいの水着を着たイタリア女子が

ひとりずつ紹介されていました。


特設ステージは、ファッションショー用のようにT字になっていて、
柵の中には、審査員と関係スタッフと招待客?&お友だちなどが座っていましたが、
柵の外には、老若男女の一般ギャラリーが人山になっていました。
(わたしもその一人だけど。)


午後23時過ぎていたんですけどね、
80過ぎぐらいの白髪のおばあちゃん&おじいちゃんもけっこういて、
(おばあちゃんの方がやや多い。)

イタリア人って、やっぱり年齢問わず、
こういうの好きだよねぇ~と思いました。



地域のイベントとは言え、ミスコンに立候補するぐらいだから、
みんなそれなりのレベルなんですが、
でも、原石っていうか、
意外に歩き方やポージングなどは訓練されていないんだなぁ、
なんて、心の中で突っ込んでました。

イタリア女子は、けっこうピンヒールを日常的に履いている人も多いので、
ヒールの高い靴を履いて、ぎこちない歩き方をしているのは、意外でした。

でも、そのぐらいの年齢のコだと、
普段はバレリーナシューズと呼ばれるペタンコの靴を履いているコが多いのかもしれません。


最初は出場者に注目していて、すぐに気が付かなかったのですが、
審査タイムということで、休憩に入った時に周囲の様子を観察していると、


審査員のテーブルの上に、テーブルクロスのようにかけられている布のマークって、

もしかして・・・



ある政党のシンボル!!?





よく見ると、ステージを覆っている布のカラーはその政党のカラー、


柵の中には、彼らのポスターが数種類だーーーーーーーーっと貼ってありました。



イタリアでは、選挙がその時期にあるなしに関わらず、
夏休みの時期には、各地で政党系のフェスタが開かれるんです。


もしかして大規模のものになると演説とか講演もあるのかもしれませんが、
地区・町レベルのものは、
食べ物屋台が出たり(無料ではありません)、
ちょっと年輩の方たちが踊ってたり、音楽のコンサートがあったり・・・
っていう感じかと思います。


わたしも、あまりよく参加したことがないのではっきりは言えませんが、
そういう場合、それほど若い人っていない気がするんですね。
熱心な親御さんに連れてこられた子どもとかでなければ、
まず、有権者でもない10代のコはいないような気がするんですよ。



そこで、政党系フェスタでミスコン企画とは、

すごく、頭がいいというか・・・



特に、イタリアでは、そりゃあその政党の支持者でなくても食いつくねっ!

(っていうか、わたしもそうとは知らず、かぶりつきだったし。。。)


と、ある意味、感心してしまうのですが、





その政党・・・名前はあれなんですが、

実は、移民に風当たりが強い(っていうか、拒否)グループなんですね。



ポスターもなんだか、すごく直接的で。。。


これって、サブリミナル効果ねらってる???



メインプレゼンテイターの人も、本物ではないけど、
そのグループの党首のそっくりさんみたいで、
そのために、選ばれたっぽいし。(^^;;;;;




ところで、出場者の中に、ひとり、他のコよりほぼ頭ひとつ分身長が高くて、
めりはりボディに、黒いビキニを大人っぽく着こなし、
おそらく、年齢も出場者の平均よりちょっと上?に見え、
ウォーキングもポージングもさまになっていて、
実は、このコだけ本業でモデルか何かをしているのでは?
と思われるようなコがいました。


他のコが、まあ日本人よりは大人っぽいとしても、
どこかしらちょっとあどけなさと初々しさが残っているのに対して、
そのコひとりは、っていう雰囲気がムンムンしてました。


そして、案の定、彼女が優勝。

他にも3人ほどミス●●に選ばれていましたが、
呼ばれた瞬間にみんな、

「わぁーっ!わたし!?」

みたいな喜びと感激が表情に表れているのに対して、
優勝者の彼女には、それはあまり見られなくて、
ちょっとけだるい雰囲気で撮影スタッフの被写体になってましたが、


あれは、きっと、仕込みだね。


最初から地方予選の優勝者として、関係者側から招待されていたのではと。



だいたい地元のコたちが出場者なのですが、
彼女は、地元の人かどうかいまいちよく分かりませんが、
現在は、ベルガモ在住で、今の時期だけ戻ってきているらしく、
(このコンテストのために戻って来たのか?)
また、たぶんあちらに戻るんですね。

そして、優勝者として本大会に出場する権利もGet。


別に、彼女に対していちゃもんをつける気はないんですけどね。
(お仕事なのかもしれないし。)

万が一、仕込みじゃなくても、
他の出場者の中からとび抜けていたのは明らかなので、
イタリア的観点だと、優勝したことは間違いないでしょう。

(日本的観点だと、もしかして、他のコが優勝したかもですが。)



折しも、日本では選挙運動真っ盛りかと思いますが、

うぐいす嬢はいても、ミスコンはなさそう・・・ですよね?







ぶれてるけど、それがアーティスティック?でよしとしよう。


このミスコンの終了は24時過ぎって、日本ではまたありえないわねぇ。






↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)

90位台に乗りました!ありがとうございます~♪






あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ。





今回の記事、
わたしの意図していないコメントやトラックバックがつきそうなワードがちらほらだと思いますが、
宣伝関係は、ブログポリシーに則して削除させていただきますので、事前にお控えいただいたければと。





イタリアンジェラートを探していましたが、
なかなかこれというのが見つからなかったので、
メニューが多くて、日本ならではなメニューや
変りどころがあるものにしてみました。
しょうが、アスパラ、トマトなどが珍しいわ~。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 4

There are no comments yet.

cas**lanca*8*0  

No title

ジェラートは種類が多いんですね。日本のアイスクリームとは味の展開が少し違う様でうらやましいです。
ジェラートもシス・コン、ミスコンとどれも「へぇ~」っと読んでしまいましたが、ミスコンの八百長疑惑は笑ってしまいました(笑)ポチを連打ですー。

最後の色のきれいな写真は、何を写したものなんですか。
少しきになります。こういうのって聞かない方がいいのかな(笑)

2009/07/30 (Thu) 09:59

Jacqueline_ge  

No title

cas**lanca*8*0さん♪ジェラートの種類、多いといえば多いのかな?でも、日本のジェラートやソフトクリーム、その他の味のヴァリエーションも半端ではないと思いますよ!日本の場合、和風の独特な味と、他の国のものをどんどん取り入れて、また消費者も新しいものが出るとけっこう試したがるし、ブームにもなりますよね。
イタリア人は、美味しいものに対してのこだわりはありますが、食に関してけっこうコンサバな人も多いので、例えばジャラートの味に色々種類があっても、売れるのはバニラとかチョコ、イチゴとか超定番が多いと聞きますよ。変りダネに食指が伸びるのは、外国人の旅行者(在住者)の方みたいです。わたしもけっこう、お店に行くと、選ぶかどうかは内容次第ですが、つい珍しい味はないか探してしまいます。

ポチ連打!(笑)いい方ですね、cas**lanca*8*0さん^^
笑っていただけたら、長々と書いた甲斐がありますわぁ!

最後の写真への質問、全然問題ないですよ~。普通に、街の灯りが点々と並んでいるのを撮っただけです。下の部分が暗くて灯りがないのは、海だからです。

2009/07/30 (Thu) 17:50

regina  

No title

スイカ、ホワイトチョコレート、ヘーゼルナッツ味、どんなのか食べてみたいです!!
ピスタッキオのジェラート、食べた~い(^u^)
イタリアに行ったら、きっと真っ先に食べるんだろうなぁ~
ミスコンが24時終了なんて、ホント日本じゃありえないですね、ミスコンが仕込みなんて、日本ではありえないかも。。。地方のミスコンとかだとその土地の有力者の娘とかだと意外となったりするみたいですよ、学生時代に綺麗だけど明らかに準ミスの方が綺麗だったのですが、優勝したのはその有力者の娘でした。

2009/08/01 (Sat) 22:36

Jacqueline_ge  

No title

Reginaさん♪ホワイトチョコレートは、同じような色のクリーム系ミルク系に比べると、チョコが溶かしてある?だけに濃い感じがしましたよ。ヘーゼルナッツは、ナッツ系でもピスタッキオに比べるともうちょっと味の主張がやや弱めの気がします。スイカはわりとさっぱりしていますね。イチゴなどに比べると甘さは控えめのように感じました。次は何を試そうかな?

色々考えるところがあって興味深いミスコンでした。あんな分かりやすいのもどうかと。わたしの好みからすると、他のミスなんとかになった人がカワイイなぁという感じでしたが、ゴージャスな美という点では、優勝者の人が明らかでしたね。
地方のミスコンだとその土地の有力者の娘だったり…というのは、日本でも非常にイタリアチックですね!(笑)イタリアでは、メチャクチャありそうです。

2009/08/03 (Mon) 16:50

Leave a reply