FC2ブログ
jacquelinege

手作りマルメラータの理由(わけ)





↑これは、昨年、近所のシニョーラBにいただいた
アプリコット(杏)のマルメラータ(ジャム)です。



個人的に、ジャムを使う機会は少ないんですが、
色々な方からいただく機会はけっこう多いのです。
全てシニョーラたちの手作り。
自家製ジャムです。




イタリア人って、みんなマメねぇ~!



って、ずっと思っていたのですが、


最近になって、ようやくわたくし気が付きました。





















果物でも野菜でもそうだけど、

収穫の時期には一斉に熟れるので、




ジャムにでもしないと、食べきれずに腐られてしまうということに。

(↑気付くの遅すぎ?)



何も、彼女たちがジャム作りがすごーーーく好きで
(好きな人もいるかもだけど)
買ってきた果物でジャム作りするというよりは、
家で、もしくは近所で採れた果物を保存するために、
作っているのね!




山のように届いたアプリコットとプラムを処理しきれなくなって、

ようやく気が付きました。。。







それでも、アプリコットは食べたのですが、

プラムは、ちょっとほおって置いたら、
いつの間にか発酵して、ワインになりかけていました。。。

ガーン。




そこで、一念発起してプラムジャム作ることにしました!





Marmellata di prugna  - プラムジャム -

材 料 :プラム お好み量、砂糖 プラムと同じ分量

準備 時間 :20分

調理 時間 :約15分


手 順 :

★ 煮沸して、よく乾かした適当なビンなどの容器を事前に用意します。
  この工程は、安全にジャム(その他の保存食)を保存するのに重要です!
  特に、ふたがアルミなどだったら、なおさら注意。   


1)赤、もしくは黒いプラムを選択します。

2)プラムを少量の水とともに鍋に入れて、火にかけ、やわらかくなるまでゆでます。

3)プラムがやわらかくなったら、2つに割り種を取り出し、裏ごしします。






4)3)で裏ごししたプラムを鍋に戻し、同じ分量の砂糖を加え、沸騰させた後、
  かき混ぜながら約15分間煮詰めます。程よい濃度になったら出来上がり。






5)あまり大気に触れないうちに、事前に準備した煮沸した容器に入れて、
  食べるまで日の当たらない涼しい場所で保管します。
(冷蔵庫でなくても可)


作ってから、数週間置いてからの方が美味しいとのことです。








作り方を調べるまでは、なんだかめんどくさそう。。。

って思っていましたが、



なぁんだ、意外に簡単でした!



使うのは、またケーキでも焼いた時かな~。



みなさんも、機会があったら、Let's try it !!! (^0^)







↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです~。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)








あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ。





わたしのマルメラータ作りは初めてですが、
イタリアンシニョーラの手作り無添加ジャムは、
日本の方へのお土産にもなりましたねえ。
(日本へは持っていっていませんが)
(贈るのは日本人には限りませんが)
そうそう、まさに↓こんな感じです。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 6

There are no comments yet.

cas**lanca*8*0  

No title

ジャムもジャムにする前の生も、おいしそうです。
日本では庭先で果物が実る事が少なくなったので、うらやましいですね。

2009/07/25 (Sat) 17:31

Jacqueline_ge  

No title

cas**lanca*8*0さん♪ありがとうございます~。
果物って、静物画のモチーフをして昔から使われていますが、
こうして写真に撮ってみると、どうして描き残そうとしたのかという心理が分かるような気がしますよ。たしかに、野菜や果物、撮ってみたくなります。

こちらには、街路樹にオレンジの木があったりして、シーズンには、思わずもぎたい衝動に駆られるのですが、自制していますよ(笑)
実際にそういうのを採って(盗って?)行く人は見たことがないのですが(まあ、人目がつく時には採らないですかね。 笑)、道路にたくさん落ちてしまったのを見ると、もったいない!って思ってしまいます。実際は鑑賞用で、美味しくはないのかもですけどね。

2009/07/28 (Tue) 21:12

mek*pos*  

No title

裏ごししている写真の器具は初めて見たよ!
国によって調理器具が違うのも面白いよね。

“脱気”という保存方法があるよ。
やってみたことないけどね。
http://cousa2.blog4.fc2.com/blog-category-52.html

2009/07/29 (Wed) 09:49

regina  

No title

私も何度かイタリアに行った時に知り合いのイタリア人にいただいたことがあるのですが、そういう訳で手作り、彼女もしてるんだろうなぁ~
野菜とかも畑で全部お手製だからきっとそうですよね~
自分で作ると添加物とかも入ってないからいいですね^_^
そっか...ジャムはケーキとかにも使える(._.) φ メモメモ
我が家もどちらかと言ったらジャムは出番が少ないのでいいこと聞きました、ポチッ凸

2009/07/29 (Wed) 09:55

Jacqueline_ge  

No title

めかぽしさん♪日本の裏ごし器というと、ふるいのような網のところに、裏ごししたいものをのせて、木杓子などでつぶしていく感じのだっけ?

「脱気」の重要さもこちらでも言われているんだけど、まだそこまできちんとしなかったねえ。あまりよく読んでなかったので、リンクの方法と同じかどうか把握していないけど、たぶん似たような方法だよ。リンク参考になったわ~。ありがとう^^

2009/07/30 (Thu) 17:20

Jacqueline_ge  

No title

Reginaさん♪やはり、イタリア土産に手作りジャムを受け取られたんですねぇ。こちらでは、チーズやプロシュットなどともジャムや蜂蜜を合わせたりして、想像以上にけっこう合うので、そういうところでも使えると思いますよ。今度、ぜひ試してみてくださいね~。
ポチ、ありがとうございます!

2009/07/30 (Thu) 17:25

Leave a reply