FC2ブログ
jacquelinege

【レポート編】Notte Bianca di Genova 2007 (ジェノヴァのノッテ ビアンカ 2007年前編)

今年のノッテ ビアンカの告知にも記載していましたが、


今頃でゴメンね、

でも、今年のイベント開催を機会に、
昨年の模様をレポートしますね~。



ご関心がある方は、お読みくださいませ。↓









翌日予定があったため、体力温存ということで、
見学時間はわりと短めで、全てのスポットは訪れられませんでしたが、

その一部をご紹介します~♪



20時、まずは、Via Sanvincenzo(ヴィア サンヴィンツェンツォ/サンヴィンツェンツォ通り)より。


ここは、思ったより人通り少なめ。
ちょっと聞いていた話と異なりますが、バックや靴のお店が、
いつもは出していない通りの方へ商品を並べていました。



ヴィア サンヴィンツェンツォを抜けて、
ジェノヴァのメインストリート、
Via XX Settembre(ヴィア ヴェンティ セッテンブレ/9月20日通り)へ。

こちらは歩行者天国で、通りの初めから終わりまで、露天がびっしりと並んでいて、
人通りもかなり多く、お祭り!って雰囲気いっぱいでしたよ。

日本のお祭りの露天というと、食べ物屋さんの方が多く、
たまーに、子ども用のおもちゃとか、風船などのお店、
金魚すくい、ヨーヨー釣りなどがあるような感じですが、


ここのノッテ ビアンカの露天は、
エスニックマーケットと青空市場、見本市がミックスされたような感じでしょうか。

T-シャツとか洋品類やアクセサリー、バック、靴などを売っているお店から、

アフリカンな木彫りの像や仮面、ペルーなどの民族衣装、
中国製品っぽい玩具類などのエスニック系、
(こういうところは、港町のジェノヴァっぽいのでしょうか? それとも、他も一緒???)

家を飾るオーナメント(ドライフラワーなど含む)系など


のお店が出ていました。



食べ物に関しては、オリーブオイルやジェノヴェーゼペスト(バジリコと松の実などのソース)
オリーブ、サラミ、ハチミツ、チーズ類、ビスコッティ類、フォカッチャ、ピッツァなどの見本市、

あと、なぜか?クレープ屋さんが多かったり、

チェントロ(中心地)には店舗はないけど、
わりと有名な近所のジェラート屋さんが出張販売に来ていましたね~。

それから、リグーリア郷土料理のファリナータもあったかな。


バールやレストラン、フォカッチェリア(フォカッチャ屋さん)などで、
店が開いているところもけっこう多かったので、
そちらへ足を運ぶ人も多かったのでは?

わたしたちは、フォカッチャとサラミやチーズなどの
軽いアペルティーボで夕食を済ませ、

Piazza De Ferrari(ピアッツァ デ フェラーリ/デ フェラーリ広場)と
Palazzo Ducale(パラッツォ ドゥカーレ/ドゥカーレ宮)へ。



Piazza De Ferrariの様子は・・・と言うと、





















人・人・人・人・人・人・人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・です!


わたしの場合、こちらに来てから、これほど広場や通りに人があふれているのを
目の当たりにしたのは初めてでしたよ。

大晦日や2006年のワールドカップでイタリアが優勝したときには、
このような状態になっていたに違いありませんが、
そういう機会にチェントロにいたことがありませんでしたので、

街好きなわたしは、ちょっとエキサイトしてきましたよ、気分的にっ!







ブレていてすみません~(^^;;;;;

Carlo Felice劇場(カルロ フェリーチェ劇場)と特設メリーゴーランド。

この日のガリバルディ像は、特別に赤いポンチョをまとっていました。


ちなみに、わたしは見かけなかったのですが、
ガリバルディ隊と名付けられた、赤いポロシャツを着た若者たちが、
ノッテ ビアンカの道先案内人として出没していたらしいです。






ジュゼッペ・ガリバルディは、1807年7月4日に南仏ニースで生まれた
イタリア統一運動の立役者である愛国軍事家ですが、
1860年には、ジェノヴァのQuarto(クワルト)から
約1000名の義勇兵である千人隊と共に、シチリアに向けて出発しました。

昨年は、ガリバルディ生誕200年記念ということで、
千人隊に赤いシャツを着せていたのにちなんで、
像に赤いポンチョ、赤いポロシャツのガリバルディ隊が出現したのですね!


以下、ジェノヴァにあるガリバルディ像について併記してみます。

ガリバルディファンは必見???


・Quarto : 大きなブロンズ像 Engenio Baroni作(1915年)

・Piazza De Ferrari : 大きな騎士の像 Augusto Rivolte作(1893年)

・Sampierdarena Piazza Monastero  Augusto Rivolte作(1893年)

・Pegli 海岸通り 大理石像 Lorenzo Orengo作(1908年)

・Sori Via della stazione いかめしい胸像(1887年)

・Santa Margherita Ligure Corso Doria 記念碑 Odoardo Tabacchi作(1906年)

・Rapallo Giardini Giuseppe Verdi 美しい胸像

・Chiavari Piazza Matteotti 全身像 Augusto Rivalta作(1890年)


そういえば、Savonaの港近くの広場にも、
ニースの方を向いているという馬に乗ったガリバルディ像がありますよ~。








Piazza Fontana Marose(ピアッツァ フォンターナ マローゼ/フォンターナ マローゼ広場)の
ステージでのMilvaのミニライブ。



もうすぐ70歳に届くというよいご年齢の有名な歌手ですが、
思ったよりも張りのある声でした。

ジェノヴァにちなんて、ジェノヴァ生まれの女性詩人で、
精神的な病に伏した人が主人公である歌を歌っていました。







では、続きはレポート後編でご覧ください~。







↓ぼちぼちマイペースで参加しています(笑)

応援してくださったら、うれしいです!











あとですねー、YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・(汗)

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply