FC2ブログ
jacquelinege

歯医者さんのプチ誕生会

5月の終わり頃から、アンドレイーナのご主人の歯医者さんのところに通っています。



イタリアでは、公立の病院などは保険が利くもののの、
私立となると全く利かないので、
治療料金をあとから聞くところがヒヤヒヤものです。



公立病院にも歯科はあるとのことですが、
予約が取れるのが1ヵ月後とかまだ早い方らしいので、
緊急の時はかなり困りものです。



救急外来もありますが、
歯科でもあるんだろうか???





そんなシステムの他に、
まず、行ったことがないお医者さんや歯医者さんって、
腕がいいのかどうなのか分からないのでいまいち不安ですよね。

(しかも、高いかもしれないしー。)




わたしより1年先にこちらに来たお友だちが、
やはり知人の紹介で歯医者さんへ行ったそうですが、


「麻酔をしなくて、かなり痛かったよぉ~。(涙)」


なんて言っていたので、


よけいに足が遠のく。。。ってところでした。





でも、そうかと思うと、
他の日本人のお友だちでやはり紹介で歯医者さんに行った人の話では、


「すごく丁寧で、日本で行っていた歯医者さんよりよかったよ!」



ってこともあるので、
当たり外れがあるってことでしょうかね~。





ところで、知人・友人にいろいろ紹介していただけるのはいいのですが、

行く前に不安なのが、




もし、腕がいまいちだったらどうしよう。。。



ってところですね。



紹介していただいて・・・ってことになると、
関係によって、よくない場合になかなか変えにくいような気がして。

変えるにしても、理由が言いにくいよね。。。




でも、↑この歯医者さんの腕はかなりよくて、
設備自体も最新のもののようなので、
その点は、初回の来院から確認できて、安心しました~。



あと、奥さんのアンドレイーナも太鼓判を押していますが、
たしかに、治療の仕方もデリケートならば、
メンタル面でのさりげないケアができる人なんですね。


キーーーーーンって、歯を削ったりする時などには、
鼻歌歌ったりして、一見、お気楽な雰囲気なんだけど、
実は、機械音から気をそらさせる手法らしい。



それから、説明も丁寧で、
何をしているのか、何をこれからするのか、
自分の口の中のどこが悪いのか・・・など、
分かりやすく前もって説明してくれるところも信頼できるところです。



そんな歯医者さん通いも、そろそろ終了する頃なのですが、


先日の来院日前日は、彼のお誕生日だったとか。



イタリアの?習慣なのかどうかは他の人のお話も聞いてみたいところですが、
誕生日の本人(もしくは、周囲の人)が職場などにも
ドルチェやケーキ、もしくは軽食や飲み物を持参して、
同僚と一緒にちょっとしたプチフェスタをするとよく聞きます。




ということで、歯医者さんのところにもパスティチーノ(お茶用のプチスィート)が用意されてました。








とは言っても患者さんみんなに振舞われるわけではなくて、
スタッフの人でいただくものだと思いますが、

わたくし知人のよしみで、ちゃっかりお呼ばれしてしまいましたん♪




ってか、治療後すぐにこんな甘いもの食べていていいのか?

って感じですよね~!?




わたしも一応


「えっ、もう食べて大丈夫ですか?」


って聞きましたけどね、



「うん、いいよ食べても。でも、治療したのと反対の歯で食べてね~。」



ってことで、歯医者さんから許可でてるから、いいらしい。


こういうゆる~いところが、またイタリアっぽいけど。





まあ、今回だけではなく、

毎回、終了後にコーヒーからフォカッチャやらビスコッティやら・・・
と、お言葉に甘えていただいておりますが。(汗)




ちなみに、わたしがいただいたのは、
シュークリームと手前の筒状のカンノーロ?
(元々はシチリアのお菓子)とクッキーを1枚。


わたしは生クリームけっこう好きですが、
このシュークリームのは、口に入れた瞬間はそれほど甘くないけど、
あとからじわーっとくる感じ。

カンノーロのクリームは、けっこう日本人の味覚にはかなり甘いと聞きますが、
これは想像していたよりは甘すぎなかったです。

イタリア人はけっこう男性でも甘党ですので、

日本人の味覚からすると、ドルチェはあまーーーーーーーいってものが多いですが、
ここのは、まあまあかな。心持ち控え目のような感じはしました。







ところで、歯医者さんの事務室で次回のアポイントを約束したり、
お会計をしたりするのですが、

そこにも、キャンディーが盛ってあるお皿があるんですね。



お帰りにどうぞ~♪



ってことらしいけど、




おい、待て!ここは、歯科院だよねっ!??

治療したそばから、甘いもの振舞って、



「また、戻ってきてね~っ!」


って、ことかい。。。(^^;;;;;









気をつけよう 治療あとの 甘いわな。。。






追伸:この歯医者さん、ジェノヴァの中心地からは少し離れていますが、
   それほど遠くはないでしょうか。
   万が一のときには、ご紹介いたしますよ~。
   腕がいいのは、たしかです。
    (お金は、まだ分からないけど・・・)









↓ぼちぼちマイペースで参加しています(笑)

今、100位前後を行ったり来たりでしょうか。

自己確認の最高は93位でした。みなさんありがとうございます~。

次は75位以内を目指してみましょう(←小市民的、希望。笑)

応援してくださったら、うれしいです~!













あとですねー、今さらなんですけど、たぶん分かりにくいと思いますので・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↓下の「傑作」ボタンっていうのを
押してやってくださいませませ。

(このブログシステム特有のポイントらしいです~)





シチリアのカンノーロ作ってみます?
この本の表紙のカネストレッリというマーガレットの花型のビスコッテイッィは、
リグーリアのお菓子でもありますよ。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 6

There are no comments yet.

gellius  

No title

あたしもこの間から二度続けて銀歯が取れてしまって、緊急でつけてもらったんですけどね、友達の紹介だったので1回目はタダ。
二回目は30ユーロだったんですねぇ。実はこれがなんとも微妙な値段。治療はしてなくって、取れた銀歯をつけただけで、この値段!そして、ヴェネトで一度した時は20ユーロだった・・・
でも、すごく丁寧ではみ出した接着剤(?)とかもとても丁寧に取ってくれるので、まぁしょうがないとあきらめてはいるんですけどねぇ。

2008/07/21 (Mon) 23:53

きっこ  

No title

日本で治療して、イタリアでは歯医者知らずで通そうと思っている私です。
という私もリラ時代にはイタリアの歯医者さんには数回お世話になりました。当時は100,000くらいだったっけな。とにかく歯の掃除や詰め物程度でも結構するなぁって思った記憶があります。

イタリアは、会社にその日誕生日の人がケーキ持って行ったり、朝食用にコルネットとかトラメッツィーノを持っていく習慣ありますね。

2008/07/22 (Tue) 00:12

めかぽし  

No title

歯医者に甘いものは不釣合いですよね。。

笑ってしまいました。

日本ではそんな歯医者はないでしょうね。

川柳なかなか良かったです!

2008/07/22 (Tue) 22:17

Jacqueline_ge  

No title

gelliusさん♪お返事がたいへん遅くなってゴメンナサイです。

なんというか、相場が分からないし、最初にいくらぐらい…って言ってくれると心の準備ができるのですけどね。銀歯が取れたとのつけて20―30ユーロですか。イタリア、毎年少しずつ何でも値上げしているので、そういうのもあって高くなったのか、歯医者さんによって費用が違うのか?(日本のように、一律に点数制ではないんでしょうかね?)

2箇所小さい虫歯の治療は簡単に済んだのですが、一箇所奥歯の歯茎が炎症を起こしていて、そこに抗生物質塗ったり、薬を飲んだりうがい薬?のようなものを使って治療しています。これが、まだ完治はしていないので、月1―2毎にチェックする必要あり、と昨日言われました。。。お会計のこといつも聞くんですけどね、未だ不明。(大丈夫かな!?)

2008/07/31 (Thu) 21:55

Jacqueline_ge  

No title

きっこさん♪ お返事がたいへん遅くなってゴメンナサイです。

わたしも日本で治療と言うのも考えたのですが、保険なしでは費用的にどうでしょうかね~。日本で治療されている方は、わりと日本でも本人かご家族のか、なんらかの形で保険に入られている方が多いですよね。
リラの恩恵にあずかったことはないのですが、↑の費用だと50ユーロちょっとぐらいでしょうかね~?でも、きっとリラ時代で50ユーロに換算すると、今の50ユーロよりも高いイメージなんでしょうかね。

>朝食用にコルネットとかトラメッツィーノを持っていく習慣…

へぇ!これは初耳です!トラメッツィーノはヴェネト/ヴェネツィアだからなのかな?(きっこさん、色々な地域を経験されているとのことなので、もしかして違うかもですが)
ジェノヴァ/リグーリアは、誕生日以外でも何かのリンフレスコ(軽食)の機会には、お菓子など以外に、フォカッチャがけっこうつきものですね~。やっぱりジェノヴァだからかな?

2008/07/31 (Thu) 22:07

Jacqueline_ge  

No title

めかぼしさん♪ お返事がたいへん遅くなってゴメンナサイです。

ホント、笑っちゃうよね~。いただくのは嬉しいけど、治療したそばから、こんなものを食べていていいのか?という疑問はあるよね。

日本の歯医者さんでは、たいてい入り口で靴から用意されたスリッパに履き替えるのがどこでも普通だったけど、ここではやはり靴は脱がないで診察いすに横になるんだけど、そのいすに使い捨てのカバーがかけられてます。

2008/07/31 (Thu) 22:13

Leave a reply