FC2ブログ
jacquelinege

フォンダン・オ・ショコラ☆(のはずだったの。。)





フォンダン・オ・ショコラ









fondantは、フランス語のfondre溶けるの現在分詞「溶けている」が、

名詞化した単語だということで、

中までしっかり焼かずに、

切ると、中からチョコレートだねが

とろ~っと出てこなければいけないのですが・・・

焼きすぎてしまいましたね。。(^^;;;;








150度で20-25分とあったのですが、

表面にひびが入るまで、とも指示があったものの、

25分ぐらいでは、表面にひびは入らなかったんですもの~。



美味しいことは美味しいんですけどね。

マフィン?って思われたみたい(^^;;;;


切ったところはまた別記事で。





↓ポチッと、応援クリックしてくださったら嬉しいです。


(↑イタリアをはじめ、他のヨーロッパ情報ブログ他が検索できます。)



イタリア(海外生活・情報)11位 / 97人中

ヨーロッパ(海外生活・情報)54位 / 411人中



↓こちらも参加しています~。ポチッと応援してくれたら嬉しいです。
(ただし、携帯でご覧になられている方は、パソコン用画面からのクリックのみ
 ポイントとして反映されるそうです。。)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ(文字をクリック)

携帯でご覧の方は↓こちらからどうぞ。
海外生活ブログ イタリア情報



ただいま、

イタリア情報 12位/456サイト中


ありがとうございます☆☆






YahooIDをお持ちの方だけしか投票できないのですが・・・

お気に召しましたら&気が向きましたら、↑↓上下の「ナイス!」ボタン押してやってくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト



jacquelinege
Posted byjacquelinege

Comments 2

There are no comments yet.

hcb917chiara  

No title

フォンダン・ショコラってちょうど良い感じにするのって難しいですよね。中のチョコをトロトロに~と思うと、生地が生焼けになってしまいそうなイメージですもん(^^;
お店とかって、提供前に温め直してますよね。
どうやって作ってるんでしょう??お菓子は苦手なので、難しそうです。
全ポチ✩

2015/03/04 (Wed) 11:32

Jacqueline_ge  

No title

> hcb917chiaraさん♪作り方は普通のケーキ類とほとんご変わらないのですが、きっと生焼けっぽいイメージでも、材料的に、中が焼けていなくても、問題なく食べられるタイプのお菓子なんだと思います。
そして、中がトロトロぐらいでオーブンから出しても、
外気に触れていると材料的に固まって、しぼんでくるタイプのお菓子のようなので、焼き立てに食さない場合には、再度温めると、
最初ほどトロトロではないようですが、やわらかくなるとのことでした。
そういうことで、お店でも出す前に温めなおすのでしょうね。
わたしも次回は、思い切って、時間になったら、中がトロトロのうちに引き上げてみたいと思います!(^^)
全ポチ、ありがとうございます♪♪

2015/03/05 (Thu) 02:28

Leave a reply